元板前の徒然日記

いろんなことを独自の目線で紹介します。

紀州のドン・ファンの会社は?酒店?

time 2018/06/30

紀州のドン・ファンの会社は?酒店?

今日は「紀州のドン・ファンの経営する会社」について紹介するで。

先月24日、和歌山県田辺市で資産家の野崎幸助さんが変死したんや。

野崎さんは4000人の美女を抱いたとして「紀州のドン・ファン」と呼ばれていたんや。不動産業などを営む資産家で、その死の真相に注目が集まっているんや。ほなそろそろ見ていこか。

 

 

ドンファンの原点は?

野崎さんは戦時中の生まれで、7人兄妹の三男として生まれたんやが、終戦後の混乱期で食べ物も不足していたことから、身長は160㎝ほどしかなかったんや。

貧しい家だったこともあり、豊かな生活に憧れていたんや。

 

そして、野崎さんの生きる原点は、「女性」やったんや。

女性にもてるためには、どうしたら良いのか?

そんな中で先輩に言われたのは、身長が低いのであれば、お金持ちになるしかない、とのことやったんや。

 

 

メインは貸金業?

お金を貸して稼ぐのがメインやったようなんや。デヴィ夫人によると、年収1200万円以上で公務員にしから貸さなかったようなんや。

そんなことで貸金業成立するんかな?っと思ってんけど、意外と公務員だけでも商売になったんかもな。

つまり、きちんと収入のある人で、信頼がありそうな人にしか貸さなかったんかもな。取りはぐれが無いのは大事なことやしな。

そんな貸金業で成功を収めているんや。

恨まれることも結構あったみたいやけど・・・。

 

そんなこんなで銀座などのクラブに行くようになり、そこで家政婦と出会ったみたいなんや。

また、町にいる女性にも声をかけることもあったらしく、いわゆる「ナンパ」なんや。

「お付き合いしてくれたら40万円あげるよ」というキラーメッセージと共に、数多くのナンパをしてきた野崎さん。無視していた女子大生もこの台詞で表情が変わったらしいからお金の力ってスゴイな。

 

 

 

 

会社は?何の会社?

会社は和歌山県にあるアプリコという会社らしいんや。

アプリコ社長の野崎さんが経営する会社の仕事内容は貸金業の他に酒類販売、他にも梅干しの販売まで行っていたそうなんや。

 

ちなみに不動産会社アプリコは廃業届が出されて会員名簿から抹消されているという情報もあるんや。

 

それと、10年くらい前になるんやが、業務改善命令も出されていたみたいで、ちょっとグレーな会社やったんかな。

取り立てが厳しかったみたいやから、地元でも相当な額稼いだんやろうな。

どうでもエエことやけど、従業員の人はみんな綺麗な人ばっかりやったみたいやで。ホンマスケベジジイやな。

分からんでもないけど。

いややっぱり分からんな。

 

 

紀州のドン・ファン事件!報道規制は?

紀州のドン・ファン事件!犯人を特定か?

 紀州のドン・ファン!嫁と体の関係は無かった?

 

 

真相は?

でもやっぱり気になるのは真相なんや。ここからは推測になるからそのつもりで読んでな。

は遺産目当てであってそれ以外のことはどうでもいい、そこで、殺してしまうのはエエねんけど、罪を犯すと遺産の相続権が消えてしまう。ということで、以前(現在も?)付き合いのある、札幌時代のホストに頼んで殺してもらう。

防犯カメラの映像はあらかじめ切っておく。などの隠ぺい工作はする。ホストには刑務所から出てきたら一緒になろうとかなんとか言ったん違うかな?

こんなところでどうでしょ?

ありそうな線やと思うねんけどな。

最後まで読んでくれてオオキニや!

ほなまたね。 

スポンサードリンク


down

コメントする




最近のコメント

    カテゴリー