元板前の徒然日記

いろんなことを独自の目線で紹介します。

資産家殺人事件!会社の金庫の中身は?

time 2018/06/24

資産家殺人事件!会社の金庫の中身は?

今日は「資産家の野崎幸助さんが死亡した事件で会社の金庫の中身」について紹介するで。捜査に進展が見られない『紀州のドン・ファン』こと野崎幸助さんの殺害事件。ここにきて和歌山県警の動きに変化が見られるようになったんや。

雨が降っていた6月20日の午前8時。和歌山県田辺市にある野崎さんの経営する会社の前に、県警の車が数台停車したんや。

ほなそろそろ見ていこか。

 

 

捜索の意味は?

10人以上の捜査員が会社に足を踏み入れると、待ち構えていた野崎さんの嫁の弁護士2人が、捜査員に立ち合いを求めたんや。しかし、拒否されたのか2人は会社を出て行ったんや。

 

この家宅捜索はあくまで野崎さんの会社が対象で、経営者でも従業員でもない嫁の弁護士は当事者とは見られなかったようなんや。これまで、や野崎さんの家政婦の自宅に家宅捜索が行われてきたんやが、捜索済みのはずの会社を再捜索した理由とは何なんやろうか?

 

 

現金はどこへ?

捜査員は1階の事務スペースには目もくれず、階段を上り2階にある「金庫室」へと向かったというんや。

「普段は野崎さん以外立ち入れない場所で、中に何があるのか知らない社員さえいる程。基本的に金庫に触っていいのは野崎さんだけで、社員にとってはまさに

『開かずの間』。捜査員が金庫部屋に足を踏み入れるのも初めてで、番頭格の社員の立ち合いの元、捜査員が金庫を開けました」

 

野崎さんの死因は急性覚醒剤中毒で、県警は金庫内に覚せい剤の入手ルートに繋がるものが残っているかもしれないと考えていたと見られるんや。

 

一方、資産50億円とも言われる野崎さんの金庫ともなれば、多額の現金が入っていると社員たちも思ってたに違いないんやが・・・。

 

しかし、捜査員が金庫を開けると、「中は空っぽで、事件解明に繋がる証拠はおろか1円も入っていませんでした。警察から『最後にここを開けたのはいつですか?』と聞かれたそうですが、番頭格もめったに入れない場所ですから、記憶が定かでない。警察は他の社員にも問いただしたみたいなんですが、誰も知りません。社員たちは禁固に全くお金が入っていなかったことに少なからず衝撃を受けていたほどです。」と会社関係者は語ったんや。

 

 

 

 

現金主義

野崎さんは現金主義で現金を手元に置いておく人間として知られていたんや。

2016年に交際していた女性に6000万円相当の金品を持ち逃げされた時も、野崎さんの自宅の居間に置かれていたバッグには数百万円が入っていて、クローゼットの中には2000万円ほどの現金があったことが明らかになっているんや。

 

 

資産家殺人事件!【和歌山】嫁は犯人じゃない?

 

資産家殺人事件!紀州のドン・ファンと家政婦との関係は?

 

資産家殺人事件!犯人を予想!

 

 

帳簿も押収

社員を不安にさせているのはカネの問題だけではないんや。

「野崎さんが亡くなってからすぐに、社員たちは和歌山県警の事情聴取を受けていて、薬物の検査まで受けさせられました。それから約3週間後の6月14日から再び社員一人一人田辺署に呼び出されて、事情聴取をされたそうです。今度は別の刑事に、また一から話を聞かれたほか、『防犯カメラに映った人物について確認をさせられた』と言っていました。聴取は一人2時間ほどかかったそうです。」とは先ほどとは別の会社関係者の談なんや。

 

野崎さんの自宅に設置された8台ほどの防犯カメラはすでに全て警察が押収して解析を進めているんやが、電源が入っていなかったカメラが何台かあったというんや。警察は嫁と家政婦の他にも誰かがいたんではないかという可能性も視野に入れて捜査を続けているというんや。

 

「防犯カメラについては、県警は野崎さんの自宅周辺のものも含めて集めて人の出入りを確認している。社員が確認を求められたのは、そこに写っていた人物だった可能性がある」とは社会部記者なんや。

 

野崎さんのカネを巡っては他にも、「警察は金庫を開けただけでなく、事務所から経理情報が入ったパソコンや、金融関係の帳簿も押収している野崎さんは自宅に置いていたバッグにも多額の現金を入れていることが多かったが、亡くなってからの捜査ではそのバッグの中に内も入っていなかったようだ」と前述の社会部記者も言っているんや。

 

いや~。野崎さんのカネが消えているなら、それを動かしたのは誰かと言うことになるんや。しかし、自宅の防犯カメラにも細工されとったんやとしたら、やっぱりと彼氏が犯人なん違うかな?

まぁ捜査も大詰めやし。今後に注目やということで。

最後まで読んでくれてオオキニや!

ほなまたね。 

スポンサードリンク


down

コメントする




最近のコメント

    カテゴリー