元板前の徒然日記

いろんなことを独自の目線で紹介します。

資産家殺人事件!犯人を予想!

time 2018/06/23

資産家殺人事件!犯人を予想!

今日は「和歌山の資産家殺人事件で犯人を予想」したいと思うんや。

4000人の女性を抱いたとして紀州のドン・ファンとも言われた資産家野崎幸助さんが殺害された事件で犯人が誰なのかということが話題になっているんや。

ほなそろそろ見ていこか。

 

 

事件の概要は?

多くの女性と関係を持ったことが話題になり、「紀州のドン・ファン」と呼ばれた和歌山県に住む資産家が死亡して遺体から多量の覚せい剤が見つかったんや。

捜査関係者によると、野崎さんの遺体から多量の覚せい剤成分が検出されたということで、警察は先月29日に、死亡した経緯を調べるため、殺人容疑で自宅の家宅捜索を行ったんや。

 

金融や不動産などの会社を経営していた野崎さんは、4000人の女性と関係を持ち、30億円を貢いだなどと記された自伝を出版して「紀州のドン・ファン」と呼ばれるなど、その言動が注目されていたんや。その野崎さんが死亡した経緯については愛犬の死もあって諸説あるんやが・・・。

 

 

犯人は誰?

野崎さんの身近にいる人は「元デートクラブ勤務の嫁」とこれは定かではないんやが「その嫁の彼氏」と野崎さん宅に「月に10日ほど来ていた家政婦」なんや。

まず一番可能性が高いのは55歳年下のなんや。

元デートクラブ勤務ということで20代の女性の後ろに怪しい奴がいても不思議ではないんや。気になるのは一週間前の愛犬の死なんや。

 

ここから先は推測なんやが、野崎さんは生前から「自分が死んだときは愛犬に遺産を相続させようと思っている」と話していたというんや。

というのも、野崎さんはお金で何でも手にしてきたのは事実なんやが、それと同時に人は裏切るということも学んでいたんや。

そこで野崎さんは「しかし、愛犬は裏切らない。ずっと主人である自分についてきてくれる」と言っていたというんや。

ということは犯人にすれば愛犬が生きていて野崎さんに死なれると困るということなんや。

 

ということはや。愛犬が先に死ななければならないわけなんや。しかも愛犬は16歳で寿命かとも言われていたんやが、死んだときはもがき苦しんで死んだということで、明らかに寿命ではないんや。

個人的にはここでも覚醒剤を使って殺したのではないか?

と思ったんやが、愛犬の死骸からは覚醒剤は出てこなかったようやから何か別の薬物を使ったのかもな。

そして、その1週間後、野崎さんももがき苦しんで亡くなってしまったんや。

 

 

 

 

通夜で表した本性

通夜に出席していた関係者が明かしたんや。

「親族の一人が怒鳴っていて。『いくらなんでもおかしいんじゃないか?』って。別の親族は『通夜の場でそんなこと言うもんやない』と宥めていましたが、Sさんはそれを見てもへらへら笑っていたんです。」

「それを見て先ほどの親族が『挨拶もないんかい』『なんで笑うんや』『死んで嬉しいんかい』と怒鳴っていました。それを見てもSさんはスマホをいじっていました」

翌日の葬儀でもスマホをいじっている姿が目撃されていたんやが、棺に花を入れる時には、周囲の鳴き声と共に、Sさんも鼻をすすって目に涙を浮かべていたということなんや。

これが本性なんかな。

とんでもないやな。まぁお金目当てで結婚したとしたら、こんなもんかとも思ってしまうんやけど。

 

資産家殺人事件!【和歌山】嫁は犯人じゃない? 

 

資産家殺人事件!紀州のドン・ファンと家政婦との関係は?

 

資産家殺人事件【和歌山】!真犯人は?

 

資産家殺人事件!【和歌山】家政婦が怪しい?

 

資産家殺人事件!愛犬の死因は?

 

 

犯人を予想

あくまで個人的な予想やからな。それを承知でここからは読んでな。

この事件はやっぱり遺産目当ての犯行やと思うんや。でも世間が考えてるようなによる単純な犯行ではないような気がするんや。

だって考えてもみてな。なんか軽微な犯罪でも犯してしまったら遺産の相続権が無くなってしまうんや。(多分)

そんな状況でしかも自分と二人きりの時に殺したりするもんやろうか?

これでは犯人ではないということになるんやが、全くのシロとも言われへんのがこの事件のややこしいところやな。

ズバリ!犯人は嫁の彼氏でどうやろ?

は手引きしただけ。実際やったのは彼氏。

で、遺産を手にして後は彼氏とハッピーエンド。ってことではないんかな?

自宅のセキュリティは結構甘かったみたいやし。

いくら防犯カメラあっても写ってなかったら無いのと一緒やし。

が手引きしたらなんぼでも入れるん違うかな?

というのが予想です。

どうやろうか?

最後まで読んでくれてオオキニや!

ほなまたね。

スポンサードリンク


down

コメントする




最近のコメント

    カテゴリー