元板前の徒然日記

いろんなことを独自の目線で紹介します。

資産家が急死!殺人事件か?【和歌山】

time 2018/06/03

資産家が急死!殺人事件か?【和歌山】

今日は「和歌山県で資産家の男性が急死した件」について続報を紹介するで。

和歌山県田辺市の酒類販売会社で社長を務める野崎幸助さん(77)が24日、自宅で死亡しているのが見つかり、体内から多量の覚せい剤が検出された事件で、和歌山県警は死亡の経緯や覚醒剤との因果関係を調べているんや。

ほなそろそろ見ていこか。

 

 

事件の経緯は?

捜査関係者によると、野崎さんは24日夜、田辺市朝日ヶ丘の自宅で死亡しているのが見つかったんや。遺体には目立った外傷は無かったんやが、解剖の結果、遺体から多量の覚せい剤が検出されたというんや。致死量を上回っていた可能性があるというんや。

 

県警はこれまでに、複数回にわたり野崎さんの自宅の現場検証や家宅捜索を実施したんや。家族からも詳しい事情を聞いていて、死因などを慎重に調べているんや。

野崎さんは、多くの女性と交際してきた半生をつづった本を執筆するなどしてテレビのワイドショーなどで取り上げられていて、欧州の放蕩児になぞらえて「紀州のドン・ファン」とも呼ばれていたんや。

 

平成28年には当時交際していた女性に計約6000万円相当の金品を盗まれたとして話題になり、今年4月に出版された本では、同年2月に20代女性と結婚したばかりだと明かしていたんや。

 

 

 

不審な死

警察の調べによれば、野崎さんの遺体からは致死量を超える覚醒剤が見つかったということで、不審死として捜査が進められる一方で、野崎さんの秘書を務める

女性の話によれば「死因を含め、何もしゃべれません。もうちょっとしたら分かるから」と話していたというんや。

 

すなわち、この死は非常に不可解な物であり、和歌山県警田辺署も「今、事件性の有無を確認しているところです」と死因については回答を濁らせているんや。

 

恐らく、自殺という線は薄く、何者かによって致死量以上の覚せい剤を盛られたということが本当の死因だと思われるんやが、そうなれば殺人事件として捜査が進められることになるんや。

 

その証拠に、近隣住民の間では「24日午後10時ごろ、自宅で倒れて救急車で搬送され、そのまま亡くなってしまったらしいと聞きました。つい先日までピンピンしていたから驚きました」という意見も聞かれていたということで、何らかの病気を患っていた可能性が低いことからも他殺の線が濃くなってきているんや。

 

野崎さんの自宅には38もの防犯カメラがあり、常に監視されている状態やったということで、この防犯カメラの情報を元に何か分かるかもしれへんな。

 

 

遺産目当てか?

モチロン推測の域を出ないんやが、Sさん野崎さんは夫婦という関係になってからおよそ3カ月半であり、そのうち同居していた期間はわずか1カ月半ほどしかなかったといわれているんや。そういう訳で遺産目当ての犯行だったといわれているんや。

 

野崎さんは過去に2度ほど結婚しているんやが、いずれも子供はおらず、野崎さんが残していた遺産の4分の1が野崎さんの6人の兄弟に、それ以外は全てSさんに渡るということで、その総額はおよそ50億円と見積もられていて、奥さんであるSさんの手元に入るのはおよそ38億円だということなんや。

 

つまり、この遺産が目的でそもそも結婚して、そして55歳も年の離れた夫の相手をするのが嫌になったということもあり、遺産目当てで殺害したのではないかと言われているんや。

 

いずれにしても、死因がはっきりせずに同棲機関も1か月半と短いスパンでの不審死であるだけに、一層の波紋が広がりそうな事件やな。

 

 

和歌山県で資産家が急死!嫁の行動が異常?

 

資産家殺人事件!【和歌山】嫁は犯人じゃない?

 

 

いや~。前にも書いたけど、ただのスケベジジイやん。

55歳年下って・・・。そんな年下やったら話も通じへんし、夫は嫁の体だけ。

嫁は夫の遺産だけを目当てに結婚したようなもん違うの?

何かそれって寂しいな。

まぁ何にしてもまだ死因がはっきりしてへんねんから、どうこう言う段階ではないけど。

逆に死因がはっきりして自殺は無いと言いきれる状況になったら、もう逃げられへんということかな。

最後まで読んでくれてオオキニや!

ほなまたね。

スポンサードリンク


down

コメントする




最近のコメント

    カテゴリー