元板前の徒然日記

いろんなことを独自の目線で紹介します。

マレーシア機行方不明の真相は?

time 2018/05/25

マレーシア機行方不明の真相は?

今日は「マレーシア機の行方不明事件の真相」について紹介するで。

2014年の3月8日にマレーシア航空MH370便が行方不明になったんや。当時は騒がれたから記憶に残っている人も多いんちゃうかな?

この行方不明事件、239人の乗客の安否は未だに分かっていないんや。

撃墜されたという噂から異空間に飲み込まれたという話しもあって大分情報が錯綜したんやが、真相は未だに闇の中なんや。

ほなそろそろ見ていこか。

 

 

事件の概要は

2014年3月8日、クアラルンプール発で目的地は北京やったんや。239人が搭乗していて、同日午前2時40分頃、マレーシアのスバン航空管制塔との連絡が途絶えた後消息を絶ったんや。

 

マレーシア航空の話として、消息を絶った旅客機はベトナムのホーチミンにある管制部門との連絡が途絶えた後、レーダーからも消えたとしているんや。

同便には幼児2人を含む乗客227人と12人の乗員が載っており、8日午前0時41分にクアラルンプールを出発して、同日午前6時半に北京に到着予定やったんや。

 

 

このように「ベトナムの管制部門との連絡が途絶えた後、レーダーから消えた」ということはインド洋には墜落していないと言うことなんや。

事故の直後には、ベトナム海軍が「MH370便が海に墜落したことを確認した」という報道もあったんやが、これ以上の真実は今は分からないんや。

 

行方不明のMH370便には、中国政府の大物の核技術の専門家が乗っていたそうで、マレーシア航空の職員たちの間でこのことが大きな噂になっているんや。

 

ベトナム政府は、中国と長年の友好国のように見られているんやが、1979年には中越戦争と言って、激しく戦争をしているんや。

ベトナム戦争が終わってからは、アメリカ政府と深いつながりが出来ているんや。

 

だから、ベトナム政府とアメリカ政府の裏側で深い関係が出来ていて、それでベトナムの軍事空港に着陸させられた可能性があるんや。そして、アメリカの特殊部隊の指示で、この行方不明機に乗っていた中国の核技術者は、秘密書類ごと拉致され、連れ去られた可能性があるんや。

 

残りの乗客や機体がどうなったかは分からないんや。なぜ、中国の核技術専門家ごと機体を消し去る必要があったんやろうか?

 

 

 

 

急に密接な関係に?

1か月後の4月22日に、オバマ大統領は日本を皮切りにアジアを歴訪したんや。

日本から韓国へ、その後は何とマレーシアに飛んだんや。アメリカ大統領がマレーシアを訪問するのは50年ぶりだというんや。

 

この訪問で、オバマ大統領は消息不明となっているマレーシア航空機の捜索に引き続き協力すると表明したんや。

この4月末のマレーシア訪問でナジブ首相との間で何らかの取引が成立したんやろうというのが大方の見方やな。

 

 

この後、両国のトップは奇妙な付き合い方をしているんや。

事件から9か月後のクリスマス休暇を、オバマ大統領は家族とハワイで過ごしていたんや。ここへなんとマレーシアのナジブ首相がやって来て、オバマと楽しそうにゴルフをしたんや。

 

それまでマレーシアとアメリカは深いつながりはない国やったんや。アメリカ大統領が急にマレーシアの首相を招いてゴルフをしたというのは異例を通り越して奇妙なんや。

 

この時に、何と、オバマが23億ドルのお金をナジブ首相に渡したというんや。

この23億ドルがどういう理由のお金なのかは明確には分からないんや。

しかし、おそらくマレーシア航空機が消えた問題での謝罪金の一部なんやろう。

 

オバマ大統領は政治家として清潔な人間で、あまり汚いことや悪いことはしない人間なんや。それでも政治の世界には、こういう恐ろしい裏側の政治というものはあるんや。

この2人の年末ゴルフの後、1月になって、マレーシア政府は「MH370便は墜落して全員死亡した」と発表したんや。

 

 

インド洋に墜落した?

複数のアメリカ高官が行方不明になっているマレーシア航空機が南シナ海上空で連絡を絶った後も4~5時間飛行して、インド洋に墜落した可能性があると見ていると報じたんや。

 

さっきも書いたんやが、行方不明になった370便はマレーシアからまっすぐ北京に飛んだとして、そのコースはベトナムのハノイ上空を飛ぶはずなんや。

しかし、アメリカの高官たちがインド洋に墜ちたと言い出したんや。

この後、わざと事故の発生地点をインド洋の方にずらしてそっちの方へ捜索範囲を移したんや。ニュース報道でもオーストラリア海軍が1年以上も、インド洋をくまなく捜査する映像を流し続けたんや。行方不明機の残骸はいつくか出たという記事はあったんやが、事故の痕跡はないままなんや。

 

これは意図的に捜索範囲をインド洋にずらしたとした考えられへんな。

本当はベトナムの軍事基地に着陸させて、それからさっき書いたみたいに核技術者ごと拉致したんやろうな。

なんでそんなことセなアカンかったのかは分からへんけども。

きっと中国がヤバい核兵器を開発して、それを手に入れるためにアメリカが謀略を張ったんやろう。

 

それにしても239人の乗客は一体どこに行ったんやろうな?アメリカもそんな多人数を殺したりせえへんやろうに。

まだまだ謎が多いんや。

最後まで読んでくれてオオキニや!

ほなまたね。

スポンサードリンク


down

コメントする




最近のコメント

    カテゴリー