元板前の徒然日記

いろんなことを独自の目線で紹介します。

「仮面女子」の猪狩ともかさん!事故の損害賠償は?

time 2018/05/08

「仮面女子」の猪狩ともかさん!事故の損害賠償は?

今日は「仮面女子の猪狩ともかさんが重傷を負った事故の損害賠償」について紹介するで。4月11日の午後1時45分頃、都内で強風にあおられた看板が倒れて、近くを歩いていたアイドルグループ「仮面女子」の1人、猪狩ともかさんを直撃したんや。猪狩さんは病院に搬送されたんやが、脊椎損傷で車いす生活を余儀なくされたんや。

ほなそろそろ見ていこか。

 

 

事故の概要は?

冒頭にも書いた通り、先月11日の午後、都内文京区湯島1丁目の敷地内の案内板が倒れて、たまたま付近を歩いていた猪狩ともかさんを直撃したんや。

確かに、事故の当日都内では強風注意報が出ていて、事故が起こった時刻の最大風速はなんと23.2mやったんや。

これは車の運転中に横風でハンドルが取られそうになるくらいの強風で、徒歩の場合、風上に向かっては簡単には歩けないほどなんや。

警察によると、とんできた案内板は縦2.8m×横3.8mの大きなもので、木製だったんやが、看板の木が一部傷んでいたようなんや。

 

結局、この事故で脊椎損傷となってしまった猪狩さん。今後は車いすでの生活を余儀なくされることになったんや。

 

 

 

保険や損害賠償は?

木が痛んでいたことと今回の事故の因果関係が立証されれば、湯島聖堂にある程度の責任を負わせることができるんやろうが、一つ気になることがあるんや。

これは台風や地震、落雷などいわゆる「自然災害による損害」だと法律上、個人賠償責任補償の対象外となるということなんや。

 

  • たまたま投げたボールで人の家の窓ガラスを割ってしまった
  • 故意でない理由で他人の物を傷付けた

などの場合は「個人賠償責任補償」として保険が下りることになるんや。

今回の事故は、少々傷んでいたとはいえ、通常の生活ではまず折れることがなかったはずの看板が「強風」という予想外の状況で倒れてしまったというケースなんや。

これが「自然災害」と見なされれば、治療費など最低限の額だけで決着がつく可能性があるんや。

 

また、看板の持ち主が湯島聖堂=国の管理下なので、お金の出所は税金となるのではないかとも考えられるんや。

 

 

 

 

猪狩ともかさんが事故に遭った場所とは?

 

脊椎損傷とは?

脊椎損傷とは、主として脊椎に強い外力が加えられることによって脊椎を損壊して、脊椎に損傷を受ける病態である。また、脊椎腫瘍やヘルニアなど内的原因によっても類似の障害が発生するんや。略して脊損(せきそん)とも呼ばれているんや。(WIKIより)

 

損傷の度合いにより「完全損傷」と「不全損傷」に分かれるんや。

「不全損傷」の場合は脊椎の他の機能を鍛えることによって伝える信号の通り道を開拓して再び歩けるようになる可能性もあるんやが、「完全損傷」の場合はその可能性すらないんや。

 

現代の医学では治らないとされていて、病院でのリハビリも残存機能をいかに使って日常生活を送るか、に集約されていて、再び歩けるようなトレーニングや

リハビリは行われないことが多いんや。

 

いや~。とんでもないな。

しかし強い子やな~。猪狩さんは。

事故に遭ってまだひと月も経ってないのにもう前向きに考えれるなんて・・・。

俺なんてひと月目は絶望しかなかったけどな。

徐々に慣れてきて、それで前向きになれたけど・・・。

でも諦めんといて欲しいな。

俺も通ってるけどJ-WORKOUTなんてトレーニングジムもあるんやから。

何にしても他人事には思われへんわ。

最後まで読んでくれてオオキニや!

ほなまたね。

 

スポンサードリンク


down

コメントする




最近のコメント

    カテゴリー