元板前の徒然日記

いろんなことを独自の目線で紹介します。

セウォル号沈没事故の真実は?

time 2018/04/22

セウォル号沈没事故の真実は?

今日は「セウォル号沈没の真実」について紹介するで。

2018年4月21日、4年前の4月に修学旅行中の高校生ら304人を乗せた韓国の旅客船「セウォル号」が沈没したんや。沈没原因は復元力(傾いた船を元に戻す力)

の喪失など船体内部の問題が定説やったんやが、韓国紙は「外部衝突説」が提起されたんや。ほなそろそろ見ていこか。

 

 

 

セウォル号とは?

セウォル号は1994年に日本で建造されて、鹿児島~沖縄経路を就航していたんや。当時は5階建てで、船底に最も近い一階部分に貨物甲板、2階に乗用車約200台分の車両甲板、3階にレストランや売店などがあり、客室は3階より上やったんや。

 

2012年に引退後、韓国に売却されたんや。その際、最上階部分の船体後方に客室を増設したり、選手右舷側の貨物用ランプウェイを取り外したりするなどの改造が施され、重心が日本時代よりも高くなったんや。定員数は921人、総トン数は6825トンにそれぞれ増加したんや。車両180台、20フィートコンテナを152個積載可能な船舶として、2013年3月から仁川~済州間を週2回往復して定期猪運航を開始して、定員を生かして団体旅行にも利用されていたんや。

 

 

 

外部からの衝突説?

ハンギョレ新聞によると、沈没原因を原点から再度調査しているセウォル号船体調査委員会はこの度、「惨事当日、左舷のフィンスタビライザー側の船尾から船首の方向へ、水中物体によって衝撃を受けたのではないかという疑問が提起された」と指摘したんや。

 

「フィンスタビライザーが正常範囲を超えて動いた原因が何なのかを確認した検査などを総合した結果、外部衝突説についてさらに調査する必要があるというのが委員会の判断だ」としているんや。

 

 

セウォル号のブラックボックスの映像にも注目が集まっているんや。「正常に船が旋回すれば1秒に1度も傾くことはないが、ブラックボックスの映像を見ると、船が1秒に10度傾くなど、外力が作用しなければ説明できない点が発見された」ともしているんや。

 

 

 

 

結論ありきの捜査?

これまでセウォル号沈没の原因は過積載、復元力の喪失、操舵ミスの検察当局が発表した4つが定説となっていたんや。委員会は「検察が明らかにした原因は、総合的に沈没原因を調査して出た結論ではなく、復元力喪失という結論を決めて行ったものであると見なければならない」と批判しているというんや。

 

韓国の文在寅大統領は沈没事故の「完全な真実究明」と行方不明者の捜索継続を約束するメッセージをFacebookに投降したんや。李洛淵首相も事故からちょうど4年目の16日に開かれた犠牲者追悼式で同様の約束を明言したんや。委員会の調査結果によっては事故が改めてクローズアップされる可能性もあるんや。

 

いや~。セウォル号の沈没事故か~。

そういやアメリカの原潜がぶつかったのかもみたいな話しもあったよな。

あれはどうなってんやろう?

それよりも北朝鮮を疑ってかかったほうがええやろうな。

なんでもかんでも北朝鮮のせいにするのはフェアじゃないような気もするんやが・・・。

 

それでもやっぱり怪しい。

どうか真相を究明してください。

最後まで読んでくれてオオキニや!

ほなまたね。

 

スポンサードリンク


down

コメントする




最近のコメント

    カテゴリー