元板前の徒然日記

いろんなことを独自の目線で紹介します。

女性にこそプロテイン!飲むタイミングは?

time 2018/04/02

女性にこそプロテイン!飲むタイミングは?

今日は「女性がプロテインを飲むタイミング」について紹介するで。
女性は仕事、家事、育児に日々追われる生活をしていながら、余暇をのんびりと過ごすという訳でもなく、多趣味で活動的な生活をしている人が多いんや。
そんなパワフルな女性にこそ、注目してもらいたいのがたんぱく質なんや。
ほなそろそろ見ていこか。

 

朝食にプロテイン!

日々の疲れをため込んでいる人!仕事・家事・育児・趣味、すべてが体力勝負なんや。朝、目覚めた時に体をリセットして、パワーが備わった状態で一日をスタートさせたいよな。

 

朝食がポイント

朝、目覚めて1,2時間以内に朝食をとるとことで、体のリズムでもある体内時計が進み始めると言われているんや。
この体のリズムを作るだけでも、日々の疲れの感じ方が変わってくるんや。

もし、朝食を抜くと、昼食で前進の体内時計がリセットされてしまうため、午前中は疲れが残った状態でやりたいことがはかどらないということが起こるんや。

また、昼食以降に24時間のリズムが始まるので、寝つきが悪くなるなどの悪循環も生じやすくなるんや。

朝食は活動的な一日をスタートさせるためにもエネルギー減となる糖質中心の食事が大切だという考え方があるんや。
モチロン糖質も大切なんやが、活動的な一日を過ごし、さらには夜はぐっすりと眠って、翌朝に疲れを残さないためにも栄養面での配慮が必要なんや。

必須アミノ酸は体内で作られないため、食事から摂取する必要があるアミノ酸なんや。
よって、朝食でしっかりとトリプトファンを摂取して太陽光を浴びてソロトニンを作り、夜にはメラトニンを生成させて眠る。このリズムが大事なんや。

トリプトファンを効率よく摂取するためにはタンパク質性の食品をたくさん食べることなんや。肉・魚・卵・大事製品を取り入れるのを忘れてはいけないんや。
そのたんぱく質を摂取する助けとなるのがプロテインなんや。
プロテインを取れば無理なくたんぱく質を摂取することができるんや。

 

 

 

ダイエットに活用!

活動的な日々を送っているにもかかわらず、最近体重が増えてダイエットを始めたという方にもタンパク質はポイントとなる栄養素なんや。

体重が増えるのは、活動で消費するエネルギーよりも、食事で摂取するエネルギーが多くなっていることがそもそもの原因なんや。
忙しく活動的に動いているため、プラス運動というのは体力的にも時間的にも難しんや。やはりその時は食事をコントロールすることが必要なんや。

 

食事のパターンと落とし穴!

1. 全体的に食事の量を減らす
2. ご飯・パン・麺(炭水化物)の量を減らす
3. 野菜をたくさん食べる
4. 一食抜く

一件理想的なダイエットに思えるんやが、落とし穴があるんや。
1は炭水化物の量を減らすことで、満腹感が得られず、メイン料理のボリュームが増して脂質が増えるんや。
2は全体的な食事量を減らすことで、体重は減るんやが、必要なたんぱく質量が補えず、体脂肪が増え、リバウンドしやすい体を作ってしまうんや。
3は野菜を食べるときドレッシングやマヨネーズなどを多く使うことで脂質が増えるんや。
4は欠食することで体内リズムが乱れるんや。栄養バランスを崩しやすくなるんや。

 

ダイエット中にこそ、食事コントロールが重要なんやが、日々コントロールを続けるというは難しんや。
食事に気を使いながらも、落とし穴にはまりそうな時はプロテインを活用して、タンパク質・脂質・炭水化物のバランスを取った方がええな。
ダイエット中にこそプロテインを摂取することがおススメなんや。

 

飲むと太る?

プロテインを活用するとなると、筋肉がモリモリになって、カロリーがあるから太るのではないかと思い、利用するのを躊躇する人がいるかもしれへんな。
モチロンプロテインで痩せることはないし、日ごろの食事にただプラスするだけでは、体重は増えてしまうんや。

上記のダイエット中の食事パターンで自分が当てはまりそうだと思う落とし穴を確認して、『足りないものを補う』という考え方でプロテインを利用してみるとええな。

 

いや~。プロテインか~。
ボディービルダーだけ飲むもんかと思ってたわ。
女性にこそ必要やねんな。
アクティブな人多いもんな。
たんぱく質が豊富なんも知らんかったわ~。
ただ、なんぼ低カロリー言うても摂取する量には注意が必要みたいやな。
最後まで読んでくれてオオキニや!
ほなまたね。

スポンサードリンク


down

コメントする




最近のコメント

    カテゴリー