元板前の徒然日記

いろんなことを独自の目線で紹介します。

プロテインの効果で身長は伸びるのか?

time 2018/04/01

プロテインの効果で身長は伸びるのか?

今日は「プロテインの効果で身長が伸びるのか?」について紹介するで。
プロテインについて調べると「子供の時に飲むと身長が伸びなくなる」といったものや、逆に「プロテインには身長を伸ばす効果がある」など意見が様々なんや。ほなそろそろ見ていこか。

 

プロテインとは?

「タンパク質」を英語でプロテインというんや。タンパク質はアミノ酸が複数結合したもので、筋肉や骨、臓器、皮膚などの材料になるんや。
また、それ以外にも成長ホルモンなどのホルモンや細菌やウイルスから体を守ってくれる抗体などの調節をする働きがあるんや。

不足すると成長障害や免疫力の低下などのありがたくないことが起きるんや。
健康に生きていく上では欠かせないもので、炭水化物・脂質と共に三大栄養素の一つとして数えられているんや。
サプリメントとして販売されているプロテインは栄養素のたんぱく質を豊富に含んでいて、吸収しやすく、手軽に摂ることができるんや。
タンパク質を摂取することによって体を大きくしたリ、筋肉をつけたりするんや。スポーツ選手だと主に筋肉をつけることを目的として利用しているんや。

 

子供の服用に問題はあるのか?

プロテインというと体を無理やり大きくして筋肉が異常につく印象があるせいか、ドーピングと同じように薬的なイメージをしてしまいがちなんや。
そのようなものを子供に飲ませるのは不安やろうし、心配だと思うんや。
しかし、プロテインや身長サプリは薬ではなく、栄養補助『食品』なんや。
そのため、薬のように適量を飲んでいて、食べていて副作用などの害が出る心配はないんや。

しかし、他の食品とは違い、足りていない栄養を吸収できるように特化した食品なので、たくさん食べたり飲んだりすると栄養の過剰摂取となり体調を崩すかもしれないんや。

きちんと飲む、食べる量を守ってさえいれば過剰摂取になることはないんや。プロテインや身長サプリは普段の食事の栄養量も考えて配合をしているので心配はないみたいなんや。

 

 

アレルギーには注意!

心配はないんやが、ここで気をつけるべきなのは「アレルギー」なんや。
プロテインや身長サプリは食品なのでアレルギーには気をつけないといけないんや。
プロテイン、身長サプリの種類によってはアレルギーを表示する義務のある「乳製品・大豆・ゼラチン」等が原材料に表記されているはずなんや。

お子さんがアレルギーを持っている場合はしっかりと確認をしてから購入して欲しいな。もし「分からない」と思うのであれば、問い合わせてみるか、他の商品を選ぶとええな。

 

身長は伸びる?伸びない?

結論から言うと、「プロテインを飲んでも慎重の伸びは止まらないんや」。
プロテインを飲むと「筋肉が付きすぎて身長が伸びなくなる」や「プロテインを飲むと肥満になる」という噂があるんやが、どちらも間違いなんや。それぞれ解説していくわな。

 

「筋肉が付きすぎて身長が伸びなくなる」

これは完全に間違いなんや。たしかに、筋肉によって骨が固められ身長が伸びなくなるイメージを持ってしまうかもしれないんや。
しかし、実際には筋肉は力を入れた時だけ固く、力を入れなければそれなりに伸びるものなんや。そのため、年間で数センチずつ伸びる骨の邪魔をするとは考えられないんや。
また、筋肉をつけることによって血行が良くなってくるんや。そのおかげで、体中に栄養素を届けることができるので、筋肉は付けたほうがいいんや。

ただし、筋肉をつけるために過度な運動はいけないんや。過度な運動をすると反対に成長を止めてしまう恐れがあるんや。身長が低くて筋肉がたくさんついている人は過度な運動が原因だと見られるんや。

 

「プロテインを飲むと肥満になる」

プロテインは基本的に高タンパク質・低カロリーとなっているので基本的に飲んでいて肥満になるということはないんや。
「運動しないと太る」という人もいるんやが、成長期には子供は体育や登下校などでそれなりに運動はしているんや。
「お菓子などと一緒に食べると太る」という人もいるんやが、太る原因はお菓子なんや。

成長期なら多少太っても、背が伸びるにつれ標準体型となっていくので問題はないんや。でも、完全な肥満には注意が必要なんや。
成長期前に肥満になってしまうと成長期を早く迎えてしまうんや。成長期を早く迎えると早く成長期が終わってしまうということなんや。

 

 

成長期においては不要!

成長期の子供は、極限まで負荷のかかる筋力トレーニングは行わないんや。いくら筋力が必要な種目でも、それは同じなんや。未成熟の関節に損傷を与える可能性が高いため、トレーナーが過度な筋肉トレーニングをさせることは、常識的にはあり得ないんや。それに、身長を伸ばしたい時期に、プロテインが必要なほど激しい筋肉トレーニングをすると、身長の伸びも阻害してしまうんや。

激しい運動をする子供でも、普段の食事を大事にしていて、食事で賄えない栄養素だけをサプリメントなどに頼ればオッケーなんや。それだけで、必要量のたんぱく質は摂れるんや。敢えてプロテインにこだわる必要はないんや。

 

摂りすぎはキケン!

成長期においてプロテインだけにこだわってしまうと、タンパク質の過剰摂取に繋がる恐れもあるんや。摂りすぎると、アレルギーや腎臓疾患や大腸がんの原因になると言われているんや。その他、心筋梗塞や脳卒中のリスクが高まるという指摘もあるんや。

たしかに、骨を伸ばすのはタンパク質なんやが、成長期においては総合的に栄養を摂ることが大事なんや。身長を伸ばすためにはさまざまな栄養が必要なんや。
骨の土台になるコラーゲンの生成にはビタミンCが必要やし、骨を強くするカルシウムも大切なんや。さらには、吸収効率の悪いカルシウムを定着させるにはマグネシウムも必須なんや。

 

いや~。「プロテイン」か~。
ボディービルダーとかしか飲まへんと思ってたわ~。
普段の生活から取り入れていってエエねんな。
俺もやってみようかな。
何事もバランスが大事やねんな~。
将来子供が生まれた時にはプロテインに頼ることは止めとこうと思いました!
最後まで読んでくれてオオキニや!
ほなまたね。


down

コメントする




最近のコメント

    カテゴリー