元板前の徒然日記

いろんなことを独自の目線で紹介します。

キリンが絶滅するかもしれない?その理由とは?

time 2018/03/17

キリンが絶滅するかもしれない?その理由とは?

今日は「キリンが絶滅するかもしれない件」について紹介するで。
IUCN(世界自然保護連合)は絶滅の恐れがある野生生物を分類した「レッドリスト」を更新して、キリンを絶滅危惧種に指定したと発表したんや。
キリンは1985年から2015年までにその生息数を40%も減らしているんや。
ほなそろそろ見ていこか。

 

なぜ絶滅危惧種に?

ナミビアのキリン保護リサーチグループのエグゼクティブディレクター、ジュリアン・フェネシー氏は「東・中央アフリカでは密猟が大きな脅威となっている」と語っているんや。
タンザニアでは、キリンの脳や脊髄がHIVやAIDSの治癒に効くと噂が流れたことで骨や頭が最高1つ140ドルで取引されているようなんや。
また、コンゴ民主共和国のいくつかのコミュニティではキリンの尻尾が社会的なシンボルとなっていて、尻尾を切り取るためだけに殺害されることも多いそうなんや。

さらに、アフリカの地方のコミュニティでは野生動物の肉が食生活の大きな部分を占める中、キリンは大事な食糧源で、さらに収入のためにも重要な動物だというんや。大きな個体ながら比較的少ない労力で仕留めることができることも乱獲される原因となっているようなんや。

フェネシー氏は「人口増加により農業用地が拡大していることなどがキリンの生息地を脅かしている。東・中央アフリカでは密猟が大きな脅威となっている」としているんや。

 

生息環境の激減

キリンは行動圏が他の個体と重複した場合、それらの個体と群れを形成する社会的な動物だといわれているんや。
そのため、生活圏が狭くなれば、多くの個体が同一の生息圏内で行動することになるんや。
道路の整備や、農地開発のための森林伐採など、人間の活動が徐々にキリンの生息圏を狭め、個体あたりの十分な食料を確保することが難しくなってきていることも、キリンが絶滅の危機にひんしている原因だとされているんや。

 

雌の行動圏は約120キロ平方メートルで、雄の行動圏はより小さいんやが、群れに含まれず単独で生活する若い雄であればより広域となるんや。
行動圏内で主に活動する範囲は中心部に限られて、外周円状に緩衝地帯があると考えられているんや。行動圏が他の個体と重複した場合、それらの個体と群れを形成するんや。

 

また、干ばつによる食糧不足も、キリンの個体減少の一因と考えられているんや。

 

キリンが絶滅危惧種に!その理由とは?

 

いや~。キリンがね~。絶滅危惧種にね~。
動物園でしか触れ合いが無いからなんともピンと来えへんな。
でも原因が人間だといわれれば、何とかせんなアカンという思いも無いでは無いな。
AIDSに効くっていうのはいかにもマユツバものって感じしかせえへんねけど、実際AIDSにかかってる人らからすれば一筋の光に見えてもおかしく無いわな~。
それに尻尾のために殺されるのは割に合わへんな~。
尻尾だけ切って後は生かしとといたったらエエのに。
ホンマに人間って勝手やな。
最後まで読んでくれてオオキニや!
ほなまたね。

スポンサードリンク


down

コメントする




最近のコメント

    カテゴリー