元板前の徒然日記

いろんなことを独自の目線で紹介します。

北朝鮮の美女応援団がアメリカの選手に間違って拍手?

time 2018/03/11

北朝鮮の美女応援団がアメリカの選手に間違って拍手?

今日は「北朝鮮の美女応援団がアメリカの演技に拍手してしまった件」について紹介するで。
平昌五輪で北朝鮮美女応援団は敵対するアメリカと日本の選手にノーリアクションを貫くという極端な態度をとったんや。しかし、その中で思わぬハプニングがあったのをカメラが捉えていたんや。
ほなそろそろ見ていこか。

 

間違えて拍手?

まずは北朝鮮のペアが登場したんや。
応援団は手を挙げて旗を振り、声を出して歓声を送ったんや。
次にアメリカのクリス・クリエリム選手とアレクサ・シメカクリエリムセンスのペアが登場した時にハプニングは起こったんや。
何と北朝鮮の応援団は無反応やったんやが、その時、右上の女性が思わぬ行動に出たんや。

何と拍手をしてしまったんや。慌てて隣の女性が肘で小突いたんや。
拍手しているのは一人だけやったんや。何か連絡ミスがあったのか?それともついうっかり間違えてしまったのかは分からないんやが・・・。

動画で確認すると、問題の女性は肘で小突かれても何が悪いのか理解していないように見えるんや。

ミサイル・核問題などで激しく対立する敵国への行為にアメリカメディアは騒いでいるんや。拍手を止めた女性はその後、『鉄仮面』のように無表情を貫いたというんや。

 

帰国後は?

この女性のことははっきりとは分からないんやが、一般的に見ると収容所行きか良くて再教育やろうということなんや。
今までの美女応援団の帰国後を見ていこか。資本主義に染まってしまったから再教育されるというんや。
これを『浄化教育』と呼んでるな。

 

浄化教育とは?

政府が経営する宿泊ホテルに直行して、(グレードが高いホテルで、3食普通に出てくるんや。韓国との差を感じさせないためにここに泊めるんや)1~3カ月教育されるんや。

 

◆反省会

「1人1人が自己批判」「相互批判」「思想教育でチームで全員の結果を発表」するんや。ここで問題があればつるし上げられるんや。アメリカに拍手したとなればまずつるし上げられるんやろうな。

 

◆教育

「北朝鮮が良いと思わせる教育」「金正恩などの医大さが分かる著作物」からこの国はいい国なんや。と思わせるというんや。

 

◆誓約書

「韓国で見たもの、聞いたことは話しません」と誓約させられるというんや。

貰ったものは全部幹部に提出させられるんや。ホテルでもらってたお土産も彼女たちには渡らへんねやろうな。隠したことが後でバレたら、スパイ扱いされるほどのヒドイ処罰を受けるんや。

 

美女応援団の今後の生活は?

社会で監視されるんや。北朝鮮は何らかの組織に所属させられていて、そこで相互に監視されるというんや。

◆労働党
300万人が所属していて、積極的に物事に参加する人々なんや。

◆青年同盟
高校大学生までの男女が加入しているんや。

◆女性同盟
働いていない主婦が加入するんや。

◆職業同盟
職業を持っているんやが、労働党に所属していない人々が加入するんや。

 

どんなことをチェックするのか?

1. 韓国で食べたもの、見聞きしたこと
2. 市民などが現場を見たり話を聞いたと警察官に報告するんや。
3. 労働党は資本主義社会に毒されたと判断して処罰の対象になるんや。
4. 国家保衛局が自宅に向かい、連行するんや。
「○○が美味しい」と言っただけで、処罰の対象になるというんや。正気の沙汰とは思われへんな。

 

北朝鮮の美女応援団に帰国後待ち受けるものとは?

北朝鮮の美女応援団!その食事とは?

北朝鮮の美女応援団が付けてたお面って誰?

 

 

処罰は?

  • 革命化教育:食事もろくに出ない工場などで働かされるんや。(軽い)
  • 労働教化刑:地方の工場などで労働。半年、1年~15年(中経)
  • 隔離:炭鉱で働かされるんや。一生(中重)
  • 収容所行き:言うまでもないことなんや。(重)

 

いや~。相変わらずとんでもない国やな。北朝鮮は。
微笑み外交もあまり意味は無いように思えるな。
美女応援団の美しい微笑みの裏には恐ろしい再教育が隠されていたんやな。
それにしてもアメリカに間違って?拍手してしまった女性のその後が気にかかるわ。大したことないとええけどな。
それにしても北朝鮮はおかしいやろ?
テンション上がったら拍手してしまうのが普通ちゃうの?
何と言ってもオリンピックやで。平和の祭典やで。
こんな当たり前のことが受け入れられない北朝鮮
誰かがおかしいと思わななにも変わって行かへんと思うねんけどな。
最後まで読んでくれてオオキニや!
ほなまたね。

スポンサードリンク


down

コメントする




最近のコメント

    カテゴリー