元板前の徒然日記

いろんなことを独自の目線で紹介します。

北朝鮮の美女応援団が付けてたお面って誰?

time 2018/03/06

北朝鮮の美女応援団が付けてたお面って誰?

今日は「北朝鮮の美女応援団が応援の時につけたお面」について紹介するで。
平昌五輪の女子アイスホッケー、南北合同チーム「コリア」対スイスの試合が2月10日に行われたんやが、北朝鮮の「美女応援団」が自分たちの顔の正面に掲げたお面の正体が誰だったのかが話題を呼んでいるんや。
ほなそろそろ見ていこか。

 

若き日の金日成?

韓国の野党勢力や韓国のメディアの一部は北朝鮮金正恩委員長の祖父である金日成の若き日の姿だと指摘したんや。
これにはさすがに韓国側はいい顔はしていないんや。

これに対して、若き日の金日成に似た俳優など別人との指摘もあり、韓国国内で論争が繰り広げられているんや。

 

バカにしているのか?

美女応援団はこの日、「私の故郷合作会社」と書かれた袋からこのお面を出して、「口笛」という歌を歌ったんや。お面に描かれていた男性は20代~30代で笑みをたたえていて、被っても正面が見えるように目の部分に穴が開いていたんや。

中央日報などによると、このお面に描かれていた人物について、反北朝鮮の野党議員は「若い頃の金日成の写真を見ても(お面が)金日成ではないというのか。ヘアスタイルまで一緒だ」「金日成のお面をあえて使うなんて、韓国大統領がどれだけバカにされているということか」と批判したんや。

別の野党議員も「金日成が見下ろす中でチームが試合をしなければならなくなった。自由な韓国で生まれ育った選手がこのようなゾッとする応援が自分たちの頭の上で繰り広げられていると想像しただろうか」と非難したんや。

 

 

吹き出す批判

ネット上でも「北朝鮮は競技場で体制の宣伝をした」と批判の声が相次いでいるんや。

一方、写真は金日成ではなく、別の人物だという指摘もあるんや。
朝鮮日報によれば、北朝鮮応援団の一人は「北朝鮮国内で若い男女が考える代表的な美男子の姿。誰かの顔をかたどったものではない」と語ったというんや。

また、ある脱北者は金日成の目の部分をくりぬけば即刻処分の対象となるとして、金日成の写真ではないと見方を示したというんや。
さらに、若き日の金日成を演じた俳優カン・ドクだという説もあるんや。

韓国統一省は「北朝鮮では絶対にそのようなやり方で表現できないことを確認している」などと説明するんやが、論争が鎮火する兆しはないんや。

東亜大学のカン・ドンワン教授は朝鮮日報のインタビューに対して、金日成に似たお面が使われたことについて「別の意図」があると指摘したんや。

北朝鮮では英雄像、美男子像、慈愛に満ちた父親像は全て金日成に似ている。金日成を身近なイメージにしようと、このような応援を考えたのかもしれない」と話しているんや。

 

北朝鮮の選手はオリンピックで負けたら死刑?炭鉱送り?

北朝鮮の選手はオリンピックでメダルが取れなかったら炭鉱送り?

北朝鮮の美女応援団で死刑になった人がいる?

 

いや~。ややこしい国やな。相変わらず。
でも、ある意味教授の意見が正しいのかもしれへんな。
何でもかんでも美男子とか英雄とかを金日成のそっくりに作って、それでもうそれが当たり前になってしまったんかもな。
実際、特別にこの五輪の応援に使ったお面だけ作ったわけではないというのが真相なんちゃうかな?
アカンか。
最後まで読んでくれてオオキニや!
ほなまたね。

スポンサードリンク


down

コメントする




最近のコメント

    カテゴリー