元板前の徒然日記

いろんなことを独自の目線で紹介します。

北朝鮮の「スリーパーセル大阪に潜伏」!三浦瑠麗氏発言の真相は?

time 2018/02/18

北朝鮮の「スリーパーセル大阪に潜伏」!三浦瑠麗氏発言の真相は?

今日は「スリーパーセル」について紹介するで。
スリーパーセル」は国際政治学者の三浦瑠麗さんが11日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」で朝鮮半島有事に関連して、日本や韓国に潜入しているテロリスト・工作員として紹介して、ネットでも話題になっている言葉なんや。果たして、その真相は?どれだけ危険なのか?加えて差別発言はあったのか?
ほなそろそろ見ていこか。

 

スリーパーセルとは?

戦争が始まると、テロリストが一切外部との接触を断って都市部で動き始めると言われているんや。ソウルでも東京でも、もちろん大阪でも。今結構「大阪がヤバい」と言われているらしいんや。
三浦さんはこのように語ったんや。直後から様々な議論が沸き起こっているんやが、「スリーパーセル」をどう解釈したらええんやろう。

自衛隊初の特殊部隊、海自特別警備隊で先任小隊長を務めた伊藤祐靖さんは「現在もスリーパーと呼ばれるような工作員が、日本に潜伏している可能性は高い。北朝鮮が日本人を拉致できたのは、日本国内に協力者がいたからだ。合理的に考えて、北朝鮮は彼らを今でも日本に残しているだろう。工作員の数や潜伏場所、能力などは不明だ。逆に分かってしまえば、スリーパーとは言わない」と語ったんや。

 

拉致の協力者?

情報の専門家である朝鮮半島情勢に精通する元公安調査庁調査第2部長の菅沼光弘氏は「1960年代から70年代にかけて、北朝鮮のテロ組織が日本に存在していたことは確認していた。韓国に潜入するには日本人を偽装する必要があり、そのために日本人拉致が行われた」と語ったんや。

ただ、最近の動向については「日本を攻撃する事態となれば、北朝鮮は工作船などで特殊部隊を日本に送り込むだろう。ミサイルも多数保有している。」と続けたんや。

 

三浦氏の発言は?差別発言なのか?

11日に放送された「ワイドナショー」で三浦さんが国内に潜伏する工作員「スリーパーセル」について言及した際、在日朝鮮人が多く住む大阪を根拠なく危険視したとして批判されているんや。

しかし、これらは実際のVTRを確認せず5ちゃんねるなどネットのデマを信用して批判されているようなんや。なぜなら、実際の放送ではそういった趣旨や一般の在日朝鮮人を危険視するような発言は一切なかったからなんや。
切り取られた一部だけを見て、前後の文脈を妄想して「差別があったに違いない」と決めつけているんや。

番組をチェックした結果、三浦氏は「アメリカの先制攻撃で報復されるのは日本、戦争が起これば東京以外の都市も狙われる、戦争して欲しくない」という、普段は平和活動家が主張することと同じ趣旨で発言をしていることが分かったんや。しかも、三浦氏は「今大阪が危ないと言われている」と発言していて、歴史的な大坂と在日朝鮮人の関係ではなく、「」と限定して、現在の状況として狙われやすい都市として「大阪ソウル」を挙げているんや。このうち、ソウルの部分は完全に無視されていることも重要なポイントやろう。

いや~。「スリーパーセル」か~。
眠った細胞とは粋なネーミングセンスやね。
しかし拉致に協力してたとは捨て置けへんな。
俺も最初は「大阪には朝鮮人が多い」から三浦さんはあんなこと言ったのかって思ったけど、真相は全然違ってんな。
在日の人のことも全然問題にしてないし。どこから炎上騒ぎになる程の批判が噴出したんやろうな。
まぁ根も葉もない噂ならすぐに収まるでしょ。
最後まで読んでくれてオオキニや!
ほなまたね。

スポンサードリンク


down

コメントする




最近のコメント

    カテゴリー