元板前の徒然日記

いろんなことを独自の目線で紹介します。

アメリカ・フロリダ州の高校で銃乱射事件!容疑者は?

time 2018/02/15

アメリカ・フロリダ州の高校で銃乱射事件!容疑者は?

今日は「アメリカのフロリダ州の高校で起きた銃乱射事件」について紹介するで。アメリカフロリダ州のバークランドの警察は、14日午後、ブロワード郡の高校で銃乱射事件があり、少なくとも17人が死亡したと発表したんや。
ほなそろそろ見ていこか。

 

事件の概要は?

ブロワード郡のスコット・イスラエル保安官によると、マージョリー・ストーンマン・ダグラス高校で14日午後2時半ごろ、同校前で容疑者が半自動式のアサルトライフル銃「ARー15」を発砲して、3人が死亡したんや。続いて、校内に入り12人を殺害したというんや。さらに2人が搬送先の病院で命を落としたんや。
目撃者によると容疑者は自分で火災報知機を鳴らしてから、発砲し始めたというんや。
容疑者は現場を離れて約1時間後に、近隣コーラル・スプリングスで発見されたんや。病院で手当てを受けた後、警察に身柄を拘束されたんや。

 

容疑者は?

容疑者は退学処分になった19歳の元生徒で、自分も負傷をして身柄を拘束されたというんや。
現地の警察によると、事件に関わった疑いで拘束されたのはニコラス・クルーズ容疑者(19)で事件があった高校の元生徒で、退学処分を受けていたということなんや。

クルーズ容疑者は拘束された際、抵抗しなかったんやが、ライフルと大量の銃弾を所持していたと言うことなんや。現地メディアによると、クルーズ容疑者は、銃に強い関心を示していて、よく銃やナイフの話をしていたということで、自宅に銃を持っていることは生徒たちの間でもよく知られていたと伝えているんや。

また、学校からは、リュックサックを持ってキャンパスに入ることを禁じられていたということなんや。日頃は大人しいものの、怒ると性格が一変することがあったということで、在学中に度々他の生徒を脅すなど、問題行動を起こしていたことから、こうした行為が退学処分の原因になったのではないかと伝えているんや。

 

SNSに銃の写真

現地の複数のメディアは、容疑者の元生徒が、事件前にSNSのインスタグラムに、銃やナイフを持った自分の写真を投稿していたと伝えたんや。また、こうした武器を使うことを周囲に話していたと報じているんや。

CNNテレビでは、生徒の話として、男がいつも銃を持ち歩いて見せびらかしていたため、いつか事件を起こすのではないかと、多くの生徒が心配していたと伝えているんや。

男のインスタグラムのアカウントは事件後、非公開となり、その後、削除されたんや。FBIはネット上に専用のホームページを立ち上げて事件に関連する情報の提供を呼びかけていて、詳しい動機などについて調べているんや。

 

他の学校で起きた主な銃乱射事件

アメリカでは学校での銃の乱射事件が後を絶たず、大勢の子供や生徒が犠牲になってきたんや。
1999年には、西部コロラド州のコロンバイン高校で生徒2人が銃を乱射して13人が死亡したんや。この事件は社会に大きな衝撃を与えて、映画にもされたほどなんや。

また、2007年には南部バージニア州のバージニア工科大学で男子学生が銃を乱射して、学生寮や教室にいた学生など32人が犠牲となったんや。2012年には、東部コネティカット州の小学校で男が銃を乱射して、児童20人を含む26人が死亡しているんや。

さらに、去年は4月に西部カリフォルニア州で男が小学校で銃を乱射して、8歳の児童が死亡したほか、12月には西部ニューメキシコ州で、生徒に扮した21歳の男が以前通っていた高校に侵入して発砲、生徒2人が死亡しているんや。

今年に入ってからは、先月南部テキサス州の高校で男子生徒が銃を乱射して、女子生徒に怪我をさせる事件が起きたほか、南部ケンタッキー州の高校で、男性生徒が銃を乱射して生徒2人が死亡、17人が怪我をしたんや。

アメリカの銃規制を促進するNPOによると、自殺なども含めた学校での発砲事件は今年に入ってこの事件で18件目となるというんや。
アメリカではこのような銃の乱射による凶悪な事件が後を絶たないんやが、銃規制に反発する声が依然として根強く、規制への道筋は見えていないのが現状なんや。

 

いや~。フロリダの高校で銃乱射か~。
未成年でも簡単に銃が手に入るからアカンねんな。
規制とまではいかんでもなんとかならへんもんかね~。
こんなんじゃいつまでたっても安心して暮らせへんやろうに。
コロンバイン高校の銃乱射は有名やな。
犯人は確かいじめられっ子やったんちゃうかな?
同情の余地はないものの、どうにかならへんかったんかな~って思うな。
最後まで読んでくれてオオキニや!
ほなまたね。

スポンサードリンク


down

コメントする




最近のコメント

    カテゴリー