元板前の徒然日記

いろんなことを独自の目線で紹介します。

ロシアで旅客機墜落!乗員乗客71人全員が死亡!原因は?

time 2018/02/12

ロシアで旅客機墜落!乗員乗客71人全員が死亡!原因は?

今日は「ロシアで旅客機が墜落した件」について紹介するで。
ロシアの非常事態省によると、11日午後、乗客乗員71人を乗せたロシアの航空会社、サラトフ航空の国内線旅客機がモスクワ郊外のドモジェドボ国際空港を離陸した後、墜落したということなんや。ロシアメディアは現場で旅客機と見られる残骸が確認されたとして、生存者はいない模様だと伝えているんや。
ほなそろそろ見ていこか。

 

71人全員が死亡?

旅客機には乗客65人と乗員6人の合わせて71人が搭乗していたということなんや。
リアノーボスチ通信は、旅客機は離陸から2分後に墜落したと伝えるとともに、旅客機が空中で炎上して落ちてきたのを見たという目撃者の話も伝えているんや。
ロシアの国営テレビでは、雪原の中にこの旅客機と見られる黄色の期待の残骸の映像を放送していて、生存者ないない模様だと伝えているんや。

 

「急速に高度低下」情報も

旅客機が発信する情報を元に飛行コースをインターネットで公開している「フライトレーダー24」によると、この旅客機は11日午後2時21分頃、日本時間の11日午前8時21分頃に、モスクワにあるドモジェドボ空港を離陸して、ロシアのウラル地方にあるオルスクの空港に向かったんや。

フライトレコーダー24」に示された情報では、2時26分には高度1890mに達したんやが、そのおよそ1分後には990mまで急速に高度が下がったというところでデータだ途切れているんや。

機体は、ウクライナの航空機メーカーが製造したアントノフ148型機で、2011年には、同型機が試験飛行都有に墜落して、乗っていた6人が死亡しているんや。

 

外国人は乗っていなかった?

オレンブルク州知事の報道官は暫定的な情報として、同機に外国人は搭乗していなかったと明らかにしたんや。テロの情報や、墜落地付近の住民の被害情報は出ていないそうなんや。
という報道があったと思うと今度は非常事態省がスイス人アゼルバイジャン人が1人づつ乗っていたという報道をしたりして、相当に混乱しているみたいなんや。
墜落前に爆発音がしたとの情報があり、残骸は広範囲の雪原で見つかったんや。

 

ボイスレコーダーが鍵か?

墜落現場では半径1キロほどの雪原に期待の残骸が散乱していて、遺体の収容と同時に、フライトレコーダーの内まだ見つかっていないボイスレコーダーの捜索が続いているんや。

インタファクス通信によると、墜落機は1月にエンジン・ユニットや翼の状況を調べる技術検査を受けたばかりやったんや。タス通信によると、2010年に就航し、他の航空会社を経て1年前からサラトフ航空で使われていたというんや。

 

何があったのか?原因は?

離陸直後、空港から約35キロの地点で墜落したんや。機長は離陸後、管制官に機体の不調や緊急着陸の要請などをしておらず、大統領直属の捜査委員会報道官はロシア通信に「天候状況、人為的要素や機体の門題など、あらゆる可能性を前提に調査をする」と語ったんや。
また、燃料不足が原因だという人もいて、事態は紛糾しているんや。

 

いや~。ロシアで旅客機が墜落ですか~。
死亡事故がない期間更新中やってんやろ?
残念やな~。
でも一番残念なのはロシアで実際事故にあった人の家族やろうから。
心中お察しします。
なんとか一人でも助かって欲しかったけど・・・。
全員が死亡確認ですか?
何とも痛ましい・・・。
最後まで読んでくれてオオキニや!
ほなまたね。

スポンサードリンク


down

コメントする




最近のコメント

    カテゴリー