元板前の徒然日記

いろんなことを独自の目線で紹介します。

センター試験!地理Bに『ムーミン』が出題される?

time 2018/01/14

センター試験!地理Bに『ムーミン』が出題される?

今日は「センター試験の地理Bでムーミンの問題が出た」件について紹介するで。2018年1月13日に行われた大学入試センター試験の「地理B」で、アニメでも人気の童話「ムーミン」を扱った問題が出されてインターネット上で注目を集めているんや。
問題はムーミンに関する知識があると有利な内容だったため、一部の受験生からは「あなたのせいで満点逃した」「絶対に許さない」などの恨み節が公式サイトのツイッターに寄せられる騒ぎとなっているんや。
ほなそろそろ見ていこか。

 

人生狂わされた

話題を呼んでいる「地理B」の問題は、フィンランドに関するアニメと言語の正しい組み合わせを4択から選ぶものなんや。アニメの選択肢には「ムーミン」「小さなバイキングビッケ」の2つがあり、どちらか一方はフィンランドではなくノルウェーに関する作品だと説明されていたんや。

ムーミンの原作者はフィンランドの作家トーベ・ヤンソンさん。そのため、2つのアニメのうちムーミンを選ぶのが正解となるんやが、予想外の出題に戸惑った受験生も多かったようなんや。地理Bの試験が終わった直後から、ムーミン公式ツイッターに、
「絶対に許さない。今すぐ国籍をノルウェーに変えろ」
「ノルウェーだろ?ノルウェーだって言ってくれよ」
「マジでさ、なんでお前を知らないか知ってるかの問題が解けないといけないんだ?」
「センターに出てこないで!ムーミンに人生狂わされました」
といった逆恨みのようなリプライが相次いだんや。

リプライおもろい。人生狂わされたとかちょっと大げさちゃうか?
「絶対に許さない」とか「ノルウェーだろ?ノルウェーって言ってくれよ」とかメッチャおもろいんですけど。
笑いごとちゃう人もいるわな。
この一問に泣く人もきっといるわけで・・・。
そう思うとなんか笑うに笑われへんな。

 

ムーミンも公式サイトも悪くない

こうした事態を受けて、ムーミン公式サイト側は13日昼にツイッターを更新したんや。「ムーミンの舞台はフィンランドかノルウェーか・・・という問題がセンター試験に出てお怒りの皆さんも多いようで・・・」と切り出して、
「まだまだ知られていないんだな、と反省しました。もっと知ってもらえるように公式サイトも頑張ります!これを機にムーミンの世界について知ってもらえると嬉しいな」とメッセージを投稿したんや。

 

大人の対応

このように、ムーミン公式サイト側が理不尽なリプライに怒ることなく、素早く大人の対応をしたことについて、ツイッター上には「ムーミンも公式サイトさんも悪くないです」「頑張ってください・・・ムーミン大好きなので・・・陰ながら応援しています」といった温かい反応が出ているんや。

なんか余計に火に油な対応にも思えるねんけど・・・。
これで大丈夫やったんかな?
まぁ大人な対応といえばそう思えないこともないしな・・・。
まぁ良しとしよう。

 

ムーミンとは?

ムーミンはフィンランドの作家トーベ・ヤンソンさんの「ムーミン・シリーズ」と呼ばれる一連の小説と絵本、および末弟ラルス・ヤンソンさんと共に描いた「ムーミン漫画」作品の総称、あるいはそれらとそれらを原作とする2次著作作品の総称なんや。または、同作品に登場する架空の生物の種属名であり、同時に主人公の名前でもある「ムーミン・トロール」の略称、または愛称なんや。

フィンランドの作家だからと言って物語の舞台がフィンランドとは限らへんの違う?とも思ったんやが、WIKIにキチンと物語の舞台はフィンランドのどこかにある「ムーミン谷」である。と書かれていたんや。
残念やけど、しゃあないわな。

 

いや~。まさかセンター試験ムーミンが出てくるとわ。
センター試験も思い切ったことしよるな。
でも受験生にしたら人生かかっとるわけで、悪ふざけやと思われても仕方がないような問題なんや。
でも一問くらいこんな問題があってもエエような気がするんやけどな。
自分は受験生ちゃうからそう思うだけかな?
何にしても、他で点数稼いだらええやん。ムーミンのせいにするのは違うと思うけどな。
最後まで読んでくれてオオキニや!
ほなまたね。

スポンサードリンク


down

コメントする




最近のコメント

    カテゴリー