元板前の徒然日記

いろんなことを独自の目線で紹介します。

北朝鮮のバックに黒幕ロシアの存在!その狙いとは?

time 2018/01/04

北朝鮮のバックに黒幕ロシアの存在!その狙いとは?

今日は「北朝鮮を操る黒幕」について紹介するで。
北朝鮮の核ミサイル実験で金正恩を煽る黒幕の存在が話題になっているんや。フジテレビ「ミスターサンデー」で中村逸郎・筑波大教授が披露して話題になっている説があるんや。
ほなそろそろ見ていこか。

 

金正恩を煽る黒幕の存在とその狙いとは?

北朝鮮がミサイル実験に踏み切った背景には、中国が石油輸出禁止処置に踏み切ったところで、ロシアから石油・天然ガスを代わりに持ってくればいい、北朝鮮が腹をくくっているところがあるのでは?と言うんや。
現にロシアは日本への入港が禁止されている貨客船、万景峰号が2017年5圧からウラジオストクと北朝鮮頭部の羅先(らそん)特別市に新設される定期航路で就航する事を発表しているんや。
北朝鮮ロシアの間には、すでに北朝鮮北東部羅先方面に石油・天然ガスのパイプラインもしくは輸送経路が出来上がっている、とも見らているそうなんや。

北朝鮮の貿易相手国は9割が中国としながらも、中国が経済制裁をしても効いて来ないのはロシアを中心に、いくらでも抜け道があるためと予想されるんや。

なかなか効いて来ないと思ったらロシアが裏で糸引いてたんか~。
ロシアは石油が豊富に取れるし願ったり叶ったりなんかな?
それにしても国際社会を敵に回してまで援助するかな~?
その狙いとは何なんやろうな?

 

黒幕ロシアの狙いとは?

それではなぜロシアは黒幕として北朝鮮の後ろ盾になっているんやろうか?
ロシアと言えば、国際社会では、中国と歩調を合わせてきたんやがその中国の顔を潰してまで北朝鮮を煽るロシアの狙いとは一体何なんやろう?

ロシア北朝鮮に味方をする第一の理由、それはロシアがクリミヤ併合を強行したことで受けている経済制裁の解除だと思うんや。

 

黒幕ロシアの狙いはアメリカの経済制裁解除?

北朝鮮を煽っているロシアの最大の理由、それはアメリカを中心とする西側諸国が、ロシアに対し行っている経済制裁を解除してもらうことそして、その交渉材料として北朝鮮問題を持ち出そうとしていると見られているんや。

ロシアが2014年、ウクライナ自治区で会ったクリミアを国際社会の同意なしに一方的に併合したことに対して、アメリカを中心として西側諸国はロシア対する経済制裁を実施、それにより350社以上のロシア企業が影響を受けているとされていて、ロシアはマイナス成長、経済的苦境に立っている、とされているんや。
ロシアのプーチン大統領は、何としてもこの経済制裁を解除してもらうのが大本命で、その大事な交渉材料として北朝鮮問題を利用しようとしている、との見方なんや。

ナルホドな~。経済制裁の解除が狙いやったとはな~。
ロシアもキツイところやねんな。
西側諸国が一体になって制裁したんやったらそらキツイわな~。
まぁそれも自業自得と言えないこともないんやけど。

 

プーチンは問題解決に自信あり?

4月27日、ロシアを訪問した安倍首相に対してロシア・プーチン大統領は、北朝鮮問題は6か国協議を通じて解決すべきと主張したと伝えられているんやが、中国が主導権を握っていたとされる、その6か国協議が2008年に不調に終わったことで、北朝鮮は核実験を今まで5回も繰り返して、核保有国になってしまったとされているんや。

ちなみに6ヶ国とは、アメリカ、韓国、北朝鮮、中国、ロシア、日本の6か国を指すんや。

中国が「制御不能」と言っている北朝鮮を6ヶ国協議の場で解決すべき、というプーチン大統領の発言は、ロシアが6か国協議の場で北朝鮮問題に解決の道標を示すという、プーチン大統領の意思の現れ、と仲村逸郎教授は見ていて、プーチン大統領はこの問題を解決できるのは自分しかいない、と考えているフシがあると見ているそうなんや。

日本の安倍首相はG7首脳の中ではアメリカ・トランプ大統領、ロシア・プーチン大統領と個人的に親しい関係と言われていて、G7首脳の中では、ドイツ・メルケル首相の次にメンバー経験が長いということで、5月にイタリアで予定されているG7サミット前にも、4月27日の安倍・プーチン会談を受けて、アメリカ・トランプ大統領とロシア・プーチン大統領の電話会談を含む解決に向けての話し合いのアレンジの役割に期待されていたんや。

いや~。北朝鮮を操る黒幕か~。
そらアカンで。聞けば北朝鮮が開発に使ってるプルトニウムも50キロ中40キロはロシアからの輸入らしいやん。
そんなことしとったらますます経済制裁解いてもらわれへんのちゃうか?
そこまで考えてないのか?
バカばっかりなのか?
ほんまにエエ加減にしてほしいです。
最後まで読んでくれてオオキニや!
ほなまたね。

スポンサードリンク


down

コメントする




最近のコメント

    カテゴリー