元板前の徒然日記

いろんなことを独自の目線で紹介します。

続く北朝鮮のミサイル発射!ロシアの反応は?

time 2018/01/01

続く北朝鮮のミサイル発射!ロシアの反応は?

今日は「北朝鮮とロシアの関係」について紹介するで。
北朝鮮へ続く経済制裁。その中で支援を続けるロシア。その関係とはどんなものなんやろうか?石油製品の経済制裁について輸出を前年比で倍増させているロシア。どういうつもりなんやろうな。
ほなそろそろ見ていこか。

 

前年比で倍増!

ロシアが2017年1月~6月でガソリンやディーゼル燃料など石油製品の北朝鮮への輸出を倍増させていることがロシア税関当局からの資料で明らかになったんや。北朝鮮のミサイル・核開発への国際的な非難が高まる中、北朝鮮を経済面で支えるロシアの姿勢が改めて鮮明になったんや。専門家は、実際には統計をはるかに上回る石油製品が北朝鮮へ輸出されていると指摘するんや。

ロシア連邦税関局の統計によると、1月~6月にロシアから北朝鮮に輸出された石油製品は約4304トン、金額ベースで約240万ドル相当やったんや。2016年1月~6月はそれぞれ2171トン、96万ドルやったんや。

北朝鮮への融和姿勢を取るロシアは、特に輸出入など経済分野の対北政策強化に反発してきたんや。北朝鮮による大陸間弾道ミサイル発射を受けて、8月5日に国連安全保障理事会が新たな制裁決議を採択した後も、ロシアは石油関連の貿易制限がかけられないことを強く要望したとロシアメディアは伝えているんや。

 

 

ロシアが黒幕?

アメリカはロシア北朝鮮を経済的に支える現状にいら立ちを強めていて、アメリカ財務省は6月、100万ドル相当の石油製品を北朝鮮に輸出したとの理由でそロシア企業を制裁対象に加えたんや。ティラーソン国務長官は7月、ロシアを中国と並列して「北朝鮮の核・ミサイル開発を経済的に支援する主要国」と非難したんや。

統計上は「氷山の一角」に過ぎないとの指摘もあるんや。ロシア極東連邦大学のルキン准教授は産経新聞のインタビューに、ロシア北朝鮮に輸出する石油製品はガソリンとディーゼル燃料で、それらの輸出量は年間20万~30万トンに達していると予測するんや。ただ、多くは中国向けとして輸出されていて、最終的に北朝鮮へと運び込まれるため、統計に反映されないのだというんや。

そうなん?そんなに輸出してるん?石油は近代国家ならなくなると経済活動ストップしてしまうくらい重要な物資やからな。
喉から手が出るくらい欲しい北朝鮮の台所事情も分からんでもないけどな~。
まぁ悪いことしてるんやからしょうがないわな。

 

国連の制裁決議に違反していない?

ルキン氏は、アメリカによる制裁強化でロシアの大手企業が対北ビジネスを手控える傾向が強まる一方、ロシア~北朝鮮間で貨客船「万景峰」を就航させたように、実態が不透明な小規模企業が北朝鮮との通商を担うケースが増えると分析しているんや。

ルキン氏は、ロシアの対北ビジネスは国連の制裁に違反していないとも強調するんや。ロシア政府は自国の関心が高い分野への制裁を阻止しつつ、北朝鮮との経済関係も維持しているというのが現状だと言えそうなんや。

いや~。ロシアか~。
いくら違反してないからって言って現状で北朝鮮へ石油製品を輸出し続けるのはやっぱり国際的に非難されるやろうな。
それでも止めないのは単に儲かるからだけではないやろうな。
北がグアムを攻撃してくれたらいい感じ、アメリカ本土を攻撃してくれたらもっといい感じ、というところかな?
何にしてもプーチンもこれ以上続けてたら終わりの始まりなん違うかな?
早いとこ止めて欲しいです。
最後まで読んでくれてオオキニや!
ほなまたね。

スポンサードリンク


down

コメントする




最近のコメント

    カテゴリー