元板前の徒然日記

いろんなことを独自の目線で紹介します。

ドラマ!『陸王』!2話の再放送は?

time 2017/11/05

ドラマ!『陸王』!2話の再放送は?

今日は「ドラマ『陸王』の2話の再放送」について 紹介するで。 『陸王』は老舗の足袋製造会社が会社の生き残りを かけてランニングシューズの開発チームを立ち上げ て奮闘する企業再生物語なんや。 ほなそろそろ見ていこか。

 

 

あらすじは?

「こはぜ屋」存続のために取引銀行から勧められた提言を 振り切り、「陸王」開発の覚悟を決めた宮沢。しかし、開 発への道のりは遠く険しいものやったんや。 目下、一番の懸案事項になっているのは、靴底のソール部 分なんや。 試作で採用された生ゴムのソールでは、ランニングシューズ で求められる耐久性は望めなかったんや。 そこで、従来の素材に見切りをつけた宮沢は、以前、坂本か ら紹介された、繭で造られた特殊素材「シルクレイ」を思い 出すんや。 ソールの素材としても期待のできる有望なものだと、ランニ ングインストラクターの有村から太鼓判を押され得たシルク レイなんやが、その特許を持つのは飯山と言う人物なんや。 飯山は2年前に自社を倒産させてしまい、それから消息不明 やったんやが、坂本の助けもあり宮沢飯山と会えることに。 しかし、飯山は「特許使用には毎年5千万円。」という破格 の条件を突きつけたんや。

就職活動が上手くいかない大地飯山宮沢に「必要だ」と 言われて嬉しかったはずだというんや。 大地も就職活動で、最初は工学部の技術職でやりたいことを やろうと思っていたんやが、面接で何十社も落ち続け、きつ いことを言われ、「何とか見返さないと」という気持ちにな ったと。 大地の言葉に飯山の真の姿を発見した宮沢は次の手を打つん や。

 

「こはぜ屋」の工場を見学しに来た飯山。 「ばあさんばっかりだな」と悪態はつくんやが、古いミシン の部品取りに四苦八苦するヤスを見て思わず手が出るんや。 古いミシンをいじって、物づくりの楽しさを思い出したのか 次第に態度を軟化させていくんや。

この時点ですでに「シルクレイ」には買い手がついていたん や。「シカゴケミカル」という全米NO1の会社で特許使用に 毎年5千万円と言う破格の条件を飲んでいたんやが、なんと ここに来て、「一度倒産した人間は信用できない」として 白紙に戻してくれ。と言い出したんや。 切り捨てられた飯山。 飲んだくれでやさぐれた自分を信用してくれたうえ、昔 ながらの職人工房で足袋を作り続ける宮沢に勝負を賭ける ことにしたんや。 特許を使用する条件は、これまで執拗にこだわり続けた金で はなく、「チーム陸王」に飯山を加えることやったんや。

 

再放送は?

今現在の時点で「陸王」の2話の再放送は未定なんや。 ただ、1話のダイジェストを29日の14時から放送して たから、これからの視聴率次第では予定が変わるかも 知れへんな。

 

見逃がした時は?

最新ドラマは動画配信サービス『U-NEXT』で見る ことができるんや。 スマホ・タブレット・PCでいつでも動画が見れるの で、テレビの放送時間を気にしないでも大丈夫なんや。 違法なアップロードされた動画を見るよりも、こっち で見る方が断然安心なんや。

  【U-NEXT】人気ドラマタイトル

  • コード・ブルー
  • 僕たちがやりました
  • 過保護のカホコ
  • 黒革の手帖
  • 警視庁いきもの係
  • ウチの夫は仕事ができない
  • 脳にスマホが埋められた
  • ごめん、愛してる
  • ハロー!張りネズミ
  • おんな城主 直虎

などなど! 全話が配信されてるし、もちろん現在放送中の ドラマも配信しているんや。 話題の最新ドラマを数多く扱っているからU-NEXT はおススメなんや。 いまならU-NEXTは31日間お試し期間なんや。   ドラマ以外にも映画・アニメ・海外ドラマなど、12 万本という圧倒的な数の作品が配信されているから 何を見たらいいのか迷ってしまうんや。 色々検索して見たい動画を選んでな。   ドラマ好きには圧倒的にU-NEXTがおススメなんや。 31日間のお試し期間中に解約すれば料金は一切かから ないので、体験してみてはどうやろうか?

いや~。『陸王』か~。 やっぱり池井戸潤原作なだけあってオモロイな。 飯山は流石にベテラン俳優の寺尾聰だけあって見事な演技 やったな。 この振り幅はスゴイで。 物づくり一筋に来た飯山と言う人物の人生を180度違った 方法で見事再現したんや。 ベテラン俳優の活躍が目立つ「陸王」なんやが、若手も 負けてないんや。 そんなわけでますます見逃せへんな。 次回も注目なんや。 最後まで読んでくれてオオキニや! ほなまたね。


down

コメントする




最近のコメント

    カテゴリー