元板前の徒然日記

いろんなことを独自の目線で紹介します。

ブラジルの鶏肉が超危険!業務スーパーの鶏肉は?ブラジル産?

time 2017/03/25

ブラジルの鶏肉が超危険!業務スーパーの鶏肉は?ブラジル産?

 

今日は「ブラジルで起きた食肉偽装」つい

て紹介するで。

ブラジル捜査当局は17日、全国の食肉加工

会社70社以上を、衛生管理基準に違反した

疑いで一斉に家宅捜索したんや。

ほなそろそろ見ていこか。

 

 

事件の概要は?

地元メディアによると、食肉会社は

衛生検査官に賄賂を払い、衛生基準

を満たさない食肉や加工食品を国内

外に販売したとされるんや。

警察は既に数十人の逮捕状を取得し

ていて、官民癒着による大規模な不

正が疑われるんや。

 

 

揺らぐ信頼

ブラジル産食肉への信頼が揺らいで

いるんや。製品の一部に腐った肉を

使ったとの情報もあるんや。

産省は3カ所の食肉加工工場の一

時閉鎖を命令したんや。

工場から出荷された製品は販売店か

ら撤去することも決めたんや。

政府は近く、食肉輸出相手国の大使

を集めて、事態を説明する方針なん

や。

 

 

 

鳥肉大国ブラジル

ブラジルは世界有数の食肉生産国で、

日本を含む150ヶ国に輸出している

んや。

2015年に日本が輸入した鶏肉の77%

ブラジル産が占めていたんや。

日本の鶏肉自給率は7割弱で、ブラジル

の供給が止まれば品薄になり、価格が

上昇する可能性もあるんや。

 

牛肉に関しては、日本は同年12月に

ラジルとの協議で「対日輸出条件を順

守できる体制」を確認して、BSE発生

で停止していた加熱処理牛肉の輸入再

開を決めたんや。

 

 

警察の捜査は?

連邦警察では「カル二・フラカ作戦」を

ブラジル史上最大規模の食肉業界捜査と

位置づけているんや。

作戦は農牧供給省の捜査官が冷凍食品製

造業者の許認可・不正捜査に関与してい

る状況を操作する目的で始まったんや。

 

警察の捜査によると、冷凍食品業者の一

部は消費期限が過ぎた肉を用いて、その

腐敗臭を消すために化学薬品を使ったり、

古くなった肉の重量をかさ上げするため

水分を注入するなどの偽装を行ってい

ると言うんや。

また、その化学物質には発がん性も認め

られているというから恐ろしいわな。

 

また、検査官に賄賂を払って出荷停止措

置を回避したり、安全性に関する証明書

交付を受けているとのことなんや。

さらに、ブラジル進歩党ブラジル民主

運動党は違法食肉の流通スキームに加担

して賄賂を受け取っていたと言うんや。

両党はこの告発の内容を認識していない

というんやな。

 

 

業務スーパーの鶏肉は安全か?

ネット上ではこの事件が発覚する前の記

事で安全やとか言うとるけどやっぱり買

わん方がエエやろうな。

でも確かに安いのは安いから、諸々の事

情を承知の上やったら買うのは個人の自

由やと思うで。

覚悟がある人はどうぞ!

 

 

いや~。ブラジル中国以上でしたか。

中国も大概やと思ったけどその上を行き

ましたな。

発がん性のある化学物質を使って腐敗臭

を消すってどうなん?

それって殺人罪適用できるん違うの?

まぁお国柄では済まへんと思うねんけど、

現地の警察は頑張ってると思うから、こ

のへんで勘弁しといたろか。

最後まで読んでくれてオオキニや!

ほなまたね。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク


down

コメントする




最近のコメント

    カテゴリー