元板前の徒然日記

いろんなことを独自の目線で紹介します。

2016年のインフルエンザ!12月の流行はあるのか?大阪の状況!

time 2016/11/25

2016年のインフルエンザ!12月の流行はあるのか?大阪の状況!

今日は「大阪のインフルエンザの流行」に

ついて紹介するで。

11月18日に国立感染症研究所は、45週の全

国インフルエンザ定点当たりの報告数は0.84

(先週比プラス0.3ポイント)と報告され近年

にない流行の兆しがあると報道されたんや。

ほなそろそろ見ていこか。

 

 

2016年のインフルエンザの特徴

2016年におけるインフルエンザの特徴は前年

までの暖冬の影響で流行する時期が例年より

1か月近く遅くなったということなんや。

 

それまでの規模で行けば、前年の10月ごろより

インフルエンザ予防ワクチンの注射を打ち始め

て用心していくんやが、一向に収まらない暖冬

の影響によりワクチン接種のタイミングを先伸

ばしにしてしまった人も多いはずなんや。

 

もしかしたら、このまま今年はインフルエンザ

がやってこないのでは?と思った人もいると思

うんや。

 mask1

 

2016年のインフルエンザの流行時期

インフルエンザの医療機関からの報告によると、

1月の第3週目に入ってから東京都のインフルエ

ンザの患者数が前週の3.9人から11.7人と3倍近

い急上昇を見せたんや。

 

更に、小学校の臨時休校が前週の38施設から110

施設突破という、こちらも驚異的な伸び率とな

ってしまったんや。

 

一方、西日本の大阪においても、1月第2週の3.1

1人から9.19人へ3倍の上昇となっているんや。

 

人口の多い東京大阪のデータは、かなりの確率

で信憑性の高いデータといえるので、この実数が

日本全体のインフルエンザの流行状況と言って過

言ではないやろうな。

 

という事は、今回のインフルエンザの流行の始ま

りは、1月の第2週からという事になるんや。

 

 

インフルエンザは何故流行するのか?

インフルエンザウイルスは毎年変化しているんや。

ここで、なぜ寒い時期になると、インフルエンザ

流行するようになるのか?という事をちょっと考え

てみよか。

 

インフルエンザの流行時期は、北半球では12月

3月が定番なんや。

では何故、冬に大流行するのかというと、冬の乾

燥が大いに影響しているんや。

 

インフルエンザウイルスは、日本の冬の気温程度

では死なないんや。

ただ、冬の間では活動自体は大人しくなっている

んや。

 

ウイルスが人にうつる感染経路は、保菌者が咳や

くしゃみなどをするとうつる飛沫感染なんやが、

その時にこの冬の乾燥が大いに人への感染を手助

けしているんや。

 

咳やくしゃみで、体内から吐き出されたウイルス

は周囲に水分を含んでいるんや。

 

ところが、この水分は冬の乾燥した空気に触れる

と蒸発してしまうんや。ウイルスは目で見ること

のできない小さくて軽い存在なんや。

空気中に浮遊することなんて朝飯前。

私たちは、この浮遊しているウイルスを吸いこん

でしまうという訳なんや。

 

この後、体内に侵入したウイルスは爆発的に増殖し

ていくんや。

インフルエンザウイルスが、最も増殖力を増す温度

33度くらいなんや。

丁度、私たちの喉の奥や鼻の中の温度と一緒なんや。

外出するときのマスクがいかに重要なのかが分かるな。

 influe21

 

いや~。インフルエンザか~。

予防接種したけど安心できへんな~。

あれって重症化を防ぐだけなんやろ?

それでもしてないよりはましやけど。

しかしうまいことできてるねんな~。

インフルエンザウイルスって・・・。

毎年変化しとったらイタチごっごやん。

まぁ予防接種はしとこうという事で。

最後まで読んでくれてオオキニや!

ほなまたね。

 %e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%ab%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b6-%e5%ad%a6%e7%b4%9a%e9%96%89%e9%8e%96-%e5%9f%ba%e6%ba%96-%e5%a4%a7%e9%98%aa%e5%ba%9c-300x2001

 

スポンサードリンク


down

コメントする




最近のコメント

    カテゴリー