元板前の徒然日記

いろんなことを独自の目線で紹介します。

小林麻央のステージは9月で末期?タキソールの効果や副作用とは?

time 2016/10/03

小林麻央のステージは9月で末期?タキソールの効果や副作用とは?

今日は「小林麻央の病状をタキソー

」から見ていくで。

9月現在も壮絶な痛みと戦う闘病生活

を送っている小林麻央

脇のリンパ節、骨や肺に転移していた

ことからステージ4まで病状が進行し

ているのはほぼ確実で、タキソール

ついて語った記事から分かったことが

いくつかあったんや。

ほなそろそろ見ていこか。

 

 

タキソール記事から判明!副作用の深刻さ!

小林麻央は、自身のブログで2年前

の再検査の時点で左乳房のしこりが

脇にもあったことが発覚したんや。

 

それから9月現在まで、抗がん剤治

を行っていることは、夫・海老蔵

が会見や自身のブログで公表してい

たんやが、その治療法や使用してい

る抗がん剤の種類といった詳細までの

公言は避けていたんや。

 

しかし、9月15日に更新された小林

麻央のブログ『KOKORO』でついに、

抗がん剤・タキソールを投与して、

治療していることを明らかにしたん

や。

 

そして、タキソールを投与したこと

で指先に痺れが出てきたなど、その

副作用についても赤裸々にブログに

綴ってきたんや。

 %e9%ba%bb%e5%a4%ae41

 

タキソールとは?

この抗がん剤・タキソールとは別名

パクリタキセル」といって、点滴

注射によって体内に投与する薬なんや。

 

抗がん剤としての働きは有能なんやが、

その副作用が壮絶なんや。

 %e5%b0%8f%e6%9e%97%e9%ba%bb%e5%a4%ae-%e7%8f%be%e5%9c%a8%e3%81%ae%e7%94%bb%e5%83%8f%e3%81%8b%e3%82%89%e8%a6%8b%e3%82%8b%e4%b9%b3%e3%81%8c%e3%82%93%e3%81%ae%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%81%a8

 

壮絶な副作用

吐き気や関節痛、脱毛といった抗がん剤

の代表的な副作用はモチロン、タキソー

はその他にも頻脈や紅潮、発汗、発疹

などと言った「過敏症」が投与から10分

以内に表れるのが大きな特徴なんや。

 

これらの苦しい副作用を予防するためにも、

ステロイドといった座薬を事前に投与する

必要があるほど、その副作用は壮絶なんや。

 

小林麻央自身も、タキソール投与について

は以下のようにブログに綴っているんや。

 

「私は、幾つかの病院で同じタキソール

投与してきましたが、対策は、基本は冷や

す!が共通でしたが、冷やすタイミングが

違いました。冷やさない病院もありました。」

 

小林麻央は今まで虎ノ門病院、聖路加国際

病院、慶應義塾大学病院と3つの病院に入院

していて、この文面からも結構前からタキソ

ールを投与していたことが分かるんや。

 

この記事からも、以前から薬を投与していた

にも関わらず症状は快方に向かわない、万事

休すな状況が伺えるんや。

 images-2-31

 

いや~。タキソールか~。

抗がん剤の副作用がキツイのは知ってたけど

これは壮絶みたいやな。

しかし、前から投与してたんか。

この段階にきていきなり登場した薬に思えた

けどな。まぁタキソールにも種類があるやろ

うから、新しい種類のを投与して効果があっ

たらええな。これからもブログをチェックし

て応援していこな。

最後まで読んでくれてオオキニや!

ほなまたね。

2018859_201211190081772001353301142c1


down

コメントする




最近のコメント

    カテゴリー