元板前の徒然日記

いろんなことを独自の目線で紹介します。

カナダ・バンクーバーで不明の日本人女性が遺体で発見!容疑者逮捕!

time 2016/10/01

カナダ・バンクーバーで不明の日本人女性が遺体で発見!容疑者逮捕!

今日は「バンクーバーで日本人女性が行方

不明になっていた事件」で続報を紹介するで。

カナダ西部のバンクーバーで、日本人の古川

夏好(こがわなつみ)さん(30)が留学中に

行方不明になっていた事件で、バンクーバー

市警察は9月30日、同市内の空き住宅で古川

さんの遺体が発見されたと発表したんや。

ほなそろそろ見ていこか。

 

 

遺体で発見!なぜ?

遺体で見つかった古川さんは青森県の出身で

5月から語学を勉強するためにバンクーバー

に滞在していたんや。

 

7日に最後に目撃されて、8日には友人とLINE

で連絡を取り合ったんやが、それを最後に

行方が分からくなっていたんや。

 

連絡を取れなくなり不審に思った友人が

警察に通報したんや。

現地の警察が何らかの事件に巻き込まれた

可能性があるとして捜査していたんや。

 kgd34vj1

 

容疑者を逮捕

市警察はこの件で、遺体を適切に扱わな

かった容疑で、住所不定のウイリアム・

シュナイダー容疑者を逮捕して、訴追

したんや。

 

逮捕されたシュナイダー容疑者は、古川

さんが行方不明になった8月8日にバン

クーバー市内で撮影された監視カメラに

古川さんと写っていたんや。

 

警察は古川さんの遺体の解剖などを行い、

死亡した時期の特定を進める方針なんや。

さらに行方不明になってからの足取りも

調べる狙いがあるんや。

さらに警察は日本に住む古川さんの親族に

遺体発見を通知したというんや。

 

 

容疑者はどんな男なのか?

犯人はウイリアム・シュナイダーという

男なんや。48歳、無職住所不定なんや。

さっき遺体を適切に扱わなかったと書いた

んやが、どうやら遺体に対して、何らかの

凌辱行為をしていたようやな。

 

また、現時点で古川さんとの関係は不明で

警察は取り調べを進めているものの、詳しい

内容は発表していないとのことなんや。

ちなみに前科があったみたいやな。

強盗窃盗薬物暴行など様々な前科が

あったということなんや。

 aoj7kt6z_201610011149181

 

治安がいい都市として留学生にも人気

物価が比較的安く、治安がいいカナダの

バンクーバーは語学留学として人気の

高い都市なんや。

しかし、当然ながら世界全体で比べたら

という話しで、日本とはけた違いの危険

があるんや。

夜の一人歩きは推奨されないし、知人の

いないパーティーにも行くべきではない

んや。

 

 

特に女性は危険

日本人女性は外国人にとって非常に扱い

易いとされているんや。

日本人女性は白人崇拝が強いと思われて

いて、ナンパが成功しやすいと考えられて

いるんや。

性的な目的で近づいてくる男が大勢いる

んや。

 

その中には、犯罪を目的とした男や、自分

の意にそぐわない行動をすると激昂するよう

な質の悪い人間もいるんや。

 2016-09-27_22-40-34-e14750160495841

 

語学学習を理由について行かないこと

女性に限った話ではないんやが、現地の人

からしゃべりかけられて、語学学習を兼ね

て仲良くなることは多いんや。

そのこと自体が問題ではないんや。

 

語学学校で勉強するだけでなく、現地の

ネイティブスピーカーと実際に会話を

する方が上達が早いし、せっかく海外

留学をしているんやから、現地の言葉を

語学学校で使うだけで終わるのはもったい

ないんや。

 

しかし、強盗や誘拐など、犯罪に巻き込

まれるリスクは常に警戒しておくべき

なんや。

現地の信頼できる人と一緒に行動する

などしっかりと自衛をするべきなんや。

 

 

いや~。遺体で発見されたか。

古川さんええ人ぽかったのにな。

なんにでも一生懸命で、常に明るくて、

英語も必死に勉強してる話しやったの

に。しかし、シュナイダー容疑者は許

されへんな。

住所不定ってことはホームレス?なん

かな?

なんでそんな人について行ったんやろ

うな?

そんな腰の軽い人には見えへんねんけど。

 

まぁ何にせよ語学留学している全ての

人に言えることは自分の身は自分で守り

ましょうってことやな。

当たり前のことやけど、大事やな。

最後まで読んでくれてオオキニや!

ほなまたね。

rr5rr9n1

スポンサードリンク

 


down

コメントする




最近のコメント

    カテゴリー