元板前の徒然日記

いろんなことを独自の目線で紹介します。

近鉄が開発!「シカ専用の踏切」!国内初!画像も!

time 2016/08/21

近鉄が開発!「シカ専用の踏切」!国内初!画像も!

今日は「近鉄がシカ専用の踏切を開発した件

について紹介するで。

近畿日本鉄道3日までに、電車と鹿の接触

事故を防ぐため、超音波を利用した「踏切」

を開発したんや。

全国初の取り組みだというんや。

試験装置で一定の効果が見られていて、今後は

設置場所を広げる予定だというんや。

ほなそろそろ見ていこか。

 鹿の踏切13[1]

 

近鉄が開発「シカ」専用の踏切

近畿日本鉄道は電車が鹿を撥ねる事故が後を

絶たないことから、超音波を出す特殊な装置

を使って、電車が通らない時間帯だけ線路を

横断できる「シカの踏切」を開発して、事故の

防止に効果を挙げているんや。

 

この「シカの踏切」は三重県津市内の近鉄

大阪線に設けられたんや。

線路の両脇におよそ1キロにわたってネットを

貼ったうえで、5ヶ所にネットをあけた場所を

作り、線路を横断できるようになっているんや。

 

 

 

考え抜かれた仕組み

ネットをあけた場所では、遮断機の代わりに

動物が嫌がる超音波を出す装置が設置され、

電車が通り時間帯にはシカが入らないようにして、

最終電車の後は装置を止めてシカを通す仕組みに

なっているんや。

 

近鉄では、電車が鹿を撥ねる事故が昨年度およそ

300件起きていて、統計を取り始めてから最も

多くなったんや。

対策チームを作って調べたところ、事故が多い

区間では線路が生息域を分断する形になって

いたためシカが危険を冒してでも線路を横断

していたことが分かり、安全にわたれる仕組みを

考え出したということなんや。

 9f816afb5d994036f0b6a264630adf0d[1]

 

出ている効果

導入後、この区間では事故が全く起きていないと

いうことで、担当者は「シカとの共存が果たせる

仕組みができた」と話しているんや。

近鉄によると、超音波を出す装置を活用した

シカの踏切」は国内初の取り組みだということで、

他の路線にも広げていくことにしているというんや。

 IMG_3443[1]

 

いや~。近鉄そんなことしとったんか~。

シカが車に轢かれるのは多いって聞いてたけどな。

電車とも衝突しとったとわな~。

まぁ何にしてもこれでシカも安心できるやろ。

最後まで読んでくれてオオキニや!

ほなまたね。

8670995a[1]

スポンサードリンク


down

コメントする




最近のコメント

    カテゴリー