元板前の徒然日記

いろんなことを独自の目線で紹介します。

「イスラム国」参加でシリア渡航の英少女が死亡!画像も!

time 2016/08/13

「イスラム国」参加でシリア渡航の英少女が死亡!画像も!

今日は「イスラム国に参加していたイギリスの

少女が死亡していた件」について紹介するで。

過激派組織「イスラム国」に参加するため、去年

シリアに渡航したイギリス人の少女3人のうち

1人がロシア軍の空爆で死亡したとみられることが

分かったんや。

ほなそろそろ見ていこか。

 

 3月12日、英国の少女3人(写真)が過激派組織「イスラム国」に参加するためシリアに渡航したとみられる問題で、トルコ外相は、米国主導の有志連合に参加する国の情報機関員の男が、少女らの渡航を手助けしたと明らかにした。2月撮影。提供写真(2015年 ロイター)

 

イスラム国に参加?

ロンドン出身の少女3人は、去年2月にトルコ経由で

シリアに入ったとみられているんや。

このうち、カディザ・スルタナさん(17)

イスラム国が首都と称しているシリアラッカ

ロシア軍の空爆によって死亡した可能性が高いことが

分かったんや。

 

 

 

シリアからの脱出

イギリスのテレビ局「ITV」が家族のインタビューを

伝えていて、カディザさんはラッカに到着した後、

イギリスに戻りたいと考えるようになり、シリアから

脱出する方法について家族と電話で話し合っていた

ということなんや。

 

また、カディザさんは家族に「怖い」などと話して

いたんや。

他の2人ラッカにいるとみられているんやが、安否

など詳しい状況は分かっていないんや。

mig[1]

 

すでに脱出した?

また、3人がすでに脱出したという話しもあるんや。

そもそもIS入りの目的は若手聖戦士と結婚して次代の

ISを担う聖戦士を産み育てることであったようなんやが、

行方をくらましてしまったことを現地のアンチIS

知られる有名ブロガーがfacebookで5月2日に明らかに

していたんや。

 

また最新の情報でも「ISの連中は彼女たちを必死に

捜索している最中で、まだ捕まっていないようです」

とあるんや。

 Techinsight_20150513_109324_1_s[1]

 

ISの洗脳

家族も心配して待っている未成年者だけにその3人組

イギリスへの帰国を希望している可能性は十分あるんや、

だがISは海外からの「義勇兵」に対して祖国に戻って

からテロ行為をするよう洗脳していて、一旦ISに参加した

若者の帰国については、彼らがどんなに悔恨を口にしても

慎重な監視が必要となるのが現状なんや。

 

 

いや~。イスラム国に参加した少女が死亡か~。

ロシアの空爆で!

空爆って言うても一般市民とか識別して空爆するわけちゃう

からな。

全部一緒に空爆するんやから、そら死ぬこともあるやろう。

でも親御さんからしたら納得いかへんやろうな。

まぁ何にしても自爆とかそんな死に方でなかってまだマシ

なんかな?

最後まで読んでくれてオオキニや!

ほなまたね。

ISshojo-thumbnail2[1]

スポンサードリンク

 


down

コメントする




最近のコメント

    カテゴリー