元板前の徒然日記

いろんなことを独自の目線で紹介します。

コブクロが半年間の活動休止!理由は?画像も!

time 2016/06/20

コブクロが半年間の活動休止!理由は?画像も!

今日は「コブクロの活動停止」について紹介するで。

人気男性デュオ「コブクロ」が28日、札幌市で行った全国

ツアー最終公演で、半年間の活動休止を発表したんや。

ギター兼ボーカルの小渕健太郎(34)が高音域の声を出しづらい

発生時頸部ジスト二ア」を発症し、約半年間の療養が必要と

診断されたためなんや。

 

相方の黒田俊介(34)も持病の腰痛がツアー中に悪化したこと

などを理由に休養するんや。

 ほなそろそろ見ていこか。

2011082909322119[1]

 

突然の発表

大円団のフィナーレが一転、静寂に包まれたんや。

終演後に小渕コブクロの活動休止を発表したんや。

「去年から喉の調子が良くなくて少しメンテナンスしないと、

動かなくなってきた。ちょっとだけ待っててください」と涙ぐみ

ながら告げると、約6500人から大きなどよめきが起きたんや。

 

所属レコード会社のワーナーによると、小渕は昨年末から喉の

不調を訴えていたんや。高音域の声を出そうとすると、首周りの

筋肉が異常に硬直してしまい、声が出しづらい症状が続いていた

というんや。

 

発生時頸部ジスト二ア

7月上旬に専門医の診察を受けた際に「発生時頸部ジスト二ア」で

あることが判明したんや。

所属事務所社長と話し合いを重ね、休養を決めたんや。

声帯に問題があるわけではなく、半年間しっかり休養すれば、

活動再開できる状態にまで回復するというんや。

 

 

また、黒田もツアー中に持病の腰痛が悪化して、長年酷使した喉も

疲労が蓄積しているため、こちらも休養して回復に努めるんや。

 t02200165_0640048011450775039[1]

 

 

神様がくれたお休み

2人について事務所社長は「歌を伝えたいという思いが前面に

出過ぎて常に一生懸命。ここで休養したほうが今後の長い歌手生活

を送らせてあげられると判断した」と説明したんや。

12月発売予定だったアルバムの制作は白紙に。

ライブなどの予定もすべて取りやめるんや

 

98年9月の結成から13年、01年3月のメジャーデビューから10年半。

毎年約5か月間をライブのために割く過密スケジュールをこなして

来たんや。

休養について小渕は「神様がくれたお休み」と目を潤ませ、黒田

「これまで全力でやってきたので何の後悔もない」と晴れやかに

語ったんや。

 20160616-00000153-spnannex-000-9-thumb[1]

 

桜が咲くころには・・・

順調に行けば来春までに復帰することになるんや。

2人がこの日最後に歌ったのは「」だったんや。

桜の咲くころには必ず戻ってくる。

そんな力強い意志が感じられたんや。

 

 

いや~。コブクロ活動休止ですか~。

まぁしゃあないわな。病気やったら。

でも治るんやし、ここは暖かく見守ってあげましょうよ。

京橋でストリートしてた時から休みなしやもんな。(あったっけ?)

でも今回のアルバムはかなりええような気がする!

期待してますよ!コブクロのお二人!

まずはゆっくり休んでくださいな。

最後まで読んでくれてオオキニや!

ほなまたね。

1[1]

スポンサードリンク


down

コメントする




最近のコメント

    カテゴリー