元板前の徒然日記

いろんなことを独自の目線で紹介します。

北朝鮮!金正恩暗殺計画に米軍が動き出した?画像も!

time 2016/06/17

北朝鮮!金正恩暗殺計画に米軍が動き出した?画像も!

今日は「北朝鮮の金正恩第一書記の暗殺計画」について

紹介するで。

3月7日に開始された韓国での米韓合同軍事演習は㋃30日まで

行われたんや。

これに対して北朝鮮は3月21日ミサイルロケット弾5発

発射して威嚇して、猛反発の姿勢を崩さなかったんや。

それもそのはず、米軍内では「金正恩暗殺計画」が進められ、

しかもそれを「公表」するという異常事態が起きていたんや。

ほなそろそろ見ていこか。

 Cfsc-pMUIAAP0Uz[1]

 

過去最大規模の軍事演習

米軍は沖縄駐留の4500人を含む7000人以上。韓国軍3000人以上。

合計1万1千人を超える兵士が投入された過去最大規模の演習という

だけでも、十分に北朝鮮と金第一書記を刺激するものなんや。

北朝鮮の軍事情勢に詳しいジャーナリストが明かすには、

 

 

『15』は暗殺決行のサイン?

「今回米軍の『作戦行動計画5015」が採用されている。この作戦

コードの『50』は『北朝鮮』を意味します。これまで『5027』

という作戦行動計画はありましたが、これは北朝鮮の南進に対する

対応作戦だった。今回の『15』は『核承認者の排除』を意味します。

すなわち、核爆弾のスイッチを押せる金正恩を抹殺する、という

暗殺決行のサインに他なりません。

 

これまで『コード15』はウサマ・ビン・ラディンジハーディ・

ジョンと呼ばれた男に対して使用され、成功しました。

イラクのフセイン元大統領の時は成功には至らず、全面戦争に

持ち込んでいます。」

 “暴走”金正恩氏に「暗殺計画」浮上...3...ウサマ・ビンラディン[1]

 

漏れ出た暗殺計画

こうした暗殺計画は通常、表に出ることはなく、「標的」に事前に

知られることもあり得ない。ジャーナリストが続けるんや。

 

「ところが今回、米軍はこの作戦の発動を公表して、北朝鮮および

金正恩はその事実を把握することになった。

米軍内では独裁者暗殺に向けての具体的な動きが綿密に練られ、

一部は既に実行に移されているとの情報もあります。『ジョン』の

処刑時と同様、無人戦闘機が使用される可能性もあるでしょう。」

 

米軍による公然たる宣戦布告。そして具体的な手法。暗殺計画は

ここまで進んでいるんや。

 

 

金正恩暗殺によって北朝鮮では何が起こるのか?

「北朝鮮を追われ、現在は中国に亡命中の金正男をトップに据えるのです。

彼は中国政府の大物政治家と綿密な関係にあり、まさに中国にベッタリ。

友好国であるはずの中国にすら牙を剥く金正恩とは違う。

 

中国は儒教文化圏で、長男が家督を継ぐことが当然という認識があります。

金正男を北朝鮮に戻すことで、あらゆる面で中国の支援を取り付け、関係を

強固なものにする狙いがあります。

そして北朝鮮内には今もなお、金正男に忠誠を誓うグループがかなり

あるのです。」

 prm1412060017-p5[1]

 

実は今回の米軍の作戦以前に、北朝鮮国内ではすでに金正恩暗殺の動きが

あったんや。13年金正恩の側近であり叔父にあたる張成沢しが処刑

されたんやが、その理由が「暗殺計画が発覚したからです。張氏は金正恩

殺し、金正男を代わりに迎えるつもりでした。交通事故死したと伝えられた

金養建統一戦線部長も、同じ計画を実行しようとしていた。

それが発覚して、自動車事故を装い粛清されることになったのです。

交通量の少ない道路での、非常に不自然な事故でした。」

 

今回の米軍による『5015』作戦は、こうして北朝鮮国内での動きを具現化

するものとなり得るんや。

 

オバマ大統領は来年1月に任期を終えるんやが、「当然ながら、任期終了前に

歴史に残る大政策を成し遂げようと試みます。これがキューバとの国交回復

に加え、北朝鮮工作なのです」(前出・外信部デスク)

 

 

いや~。金正恩暗殺計画か~。

実現不可能に思うけどな。それとも簡単なんかな?

この話を聞くと韓国で映画になった『シルミド』を思い出してしまうな。

 

あの時は金日成やったけど、韓国の重罪を犯した囚人たちが金日成暗殺

チームにされて、訓練するんやけど、急に調和路線に傾いて中止になるって

やつ。それでも自分たちの存在意義を残すためにバスを乗っ取ってテロを

起こすんやったな。こんなんやったっけ?

 

まぁ何にしてもこんなことが繰り返されへんことを祈って。

最後まで読んでくれてオオキニや!

ほなまたね。

frn1304061447005-n1[1]

 

スポンサードリンク


down

コメントする




最近のコメント

    カテゴリー