元板前の徒然日記

いろんなことを独自の目線で紹介します。

ミルコ・デ・ムーロが情熱大陸に出演!ジンクスは?皐月賞は?画像も!

time 2016/04/16

ミルコ・デ・ムーロが情熱大陸に出演!ジンクスは?皐月賞は?画像も!

今日は騎手の「ミルコ・デ・ムーロ」について紹介するで。

ミルコ・デ・ムーロはイタリア生まれの騎手なんや。

ただの騎手やなくて、外交人国籍の騎手にもJRAが通年免許

を解放した際に受験した第1号となった騎手なんや。

結果は不合格やったんやが。

2015年にその通年免許にも合格したんや。

ほなそろそろ見ていこか。

 d3712ce383ce6cb4c9e0aa990ab2c076-300x164[1]

 

 

ミルコ・デ・ムーロのプロフィール

生年月日:1979年1月11日

出身:イタリア

好きなもの:納豆

語学:英語、イタリア語、日本語、フランス語、関西弁

身長:158cm

体重:52キロ

 

デビューは1994年なんや。

翌年には79勝を挙げて最優秀見習いジョッキーになっているんや。
その後、1999年末JRAの短期免許を取得して、日本でもたちまち

ブレイクすることになったんや。

2003年にはネオユニヴァースで皐月賞日本ダービー2冠を

達成したんや。

 

勝った時には喜びを前面に押し出す底抜けの明るさが印象的で、

2007年の中日新聞杯では、ゴール入線時に手綱から両手を離す

「飛行機ポーズ」を行ったことによって5万円の罰金を取られる

という珍事もあったんやが、翌2008年のジャパンカップの

ウイニングランでは、観衆の前で堂々と同じポーズを披露して

いたんや。

0d3712ce383ce6cb8577_d2bbbc5aceef686ad29e[1]


情熱大陸のジンクス

ネット上では「勝つのはリオンディーズか」「これはフラグ立ったな」

「リオンディーズまず一冠」など、早くも祝勝ムード一色なんや。

しかし、これとは別に「これは不吉だわ」「ああ、残念」「リオン

ディーズに暗雲」といった全く逆の声も聞かれるんや。

どうやらそこには、「情熱大陸」が前回、競馬を題材として取り上げた

2014年4月27日放送の「チームキズナ」だったことが関係している

ようなんや。

 

当時の番組は日本ダービー(G1)を勝ったキズナが、世界最高峰の

舞台となる凱旋門賞G1)に挑む1年を追ったファン納得の内容なんや。

番組の最後には、お馴染みの葉加瀬太郎の名曲をバックに、復帰した

キズナが大阪杯(G2)を圧勝するシーンが流れるなど、まさにキズナが

これからの競馬界を背負っていく存在となる期待を持たせるもの

やったんや。

ところが、その年の天皇賞・春(G1)。キズナは『情熱大陸』の

相乗効果もあって、単勝1.7倍の絶対的な支持を集めるも、馬券圏外と

なる4着に惨敗したんや。

過剰人気を後押ししたファンの期待を裏切ってしまうと。さらに

レース後、骨折が発覚したんや。

絵に描いたような凋落ぶりで結局、その後は1度も勝たずに引退したんや。

1ミルコ[1]

 

いや~。「情熱大陸」のジンクスか~。

まさに逆フラグやな。

こんな偶然があってええんか?

偶然やとしてもあまりにヒドイな。

情熱大陸のせいとか言われても知らんっちゅうねん。

でも取り上げられたせいかも知れへんもんな~。

さてミルコはジンクスを跳ね返すことができるんか?

期待を持ちましょう!

最後までみてくれておおきにや!

ほなまたね。

b5e043293309551fea92b887ac2e33341-300x233[1]

スポンサードリンク

down

コメントする




最近のコメント

    カテゴリー