元板前の徒然日記

いろんなことを独自の目線で紹介します。

乙武洋匡不倫騒動!5人との不倫認める!不倫相手はどんな人?画像も!

time 2016/03/26

乙武洋匡不倫騒動!5人との不倫認める!不倫相手はどんな人?画像も!

今日は「乙武洋匡さんの不倫騒動」について紹介するで。

週刊新潮に不倫を暴露された乙武洋匡さん(39)が自身のWEBサイトで

謝罪文を公開したんや。

謝罪文では不倫を認めて謝りつつ、許してやり直そうと言ってくれた妻に

対する感謝の気持ちや、今後は不倫することなく真っ当な夫、父親として

家族と向き合っていきたいという決意が記されているんや。

ほなそろそろ見ていこか。

 img_8063[1]

 

 

妻も謝罪コメント

謝罪文で言えば、乙武洋匡さんだけではなく、妻の仁美さんも謝罪文を

掲載したんや。「妻である私にも責任がある」としつつ、2人でしっかり

話し合ったとして、今後は3人の子供たちのためにも夫婦ともに歩んで

いくことの決意を新たにしました。としたんや。

不倫騒動で妻側がコメントを発表するのは異例なんや。

この騒動は昨年末、乙武洋匡さんが20代後半の美女とが意外旅行へ行った

際のことを週刊新潮が詳細に掲載したことで発覚したんや。

乙武洋匡さんは週刊新潮の記者からの質問に対して、最初は不倫を否定

したものの、再度の取材に対して「彼女とは34年前から付き合っています。

肉体関係もあります。不倫関係にあるという認識で構いません」と言って

不倫を認めたんや。

bfa6b54ca7b955217d8b307752482783_content[1]

 

ネット上の非難の声

関係者によると、学生時代から乙武さんには浮気癖があったといい、ここ数年で

女性とベッタリ体を寄せ合った写真が流出するなど、以前から不倫疑惑は

浮上していたんや。

乙武さんには2001年に早稲田大学の後輩の女性と結婚して現在は1~8歳の

子供が3人いるんや。

小学校教師や教育委員会に勤めていた経歴や、今年夏の参議院選で自民党

から出馬するのが確定的という状況もあり、インターネット上では

「元教育者でしょ!ありえない」「こんなのが政治家とか絶対嫌だ」

「奥さんまで謝らせるなんてクソだな。」などと辛辣な意見が多数

みられるんや。

a61d8f3bc94f9cd0f55456ed1778a68b[1]

 

 

実際は50人?

サイゾーが経営するインターネットメディア「サイゾーウーマン」では

ワイドショースタッフの話として、記事内にこう掲載しているんや。

「乙武氏に近い関係者の間では、彼の『肉食ぶり』は有名な話でした。

介護職員など、身近にいる女性を手当たり次第に口説いており、それは

結婚後も変わっていない。5人の不倫相手がいたと本人も認めていますが、

少なく見積もっても、こうした女性は、その10倍、50人はいるでしょう」

また、「ちょうど1年ほど前には、乙武氏の不倫相手とみられるギャル風の

金髪女性とのツーショット写真が流出したことがあった」

「この女性も、本人が明かした『5人』の内の一人なのかもしれませんね。

しかし、こうしたスキャンダルが発覚すると、他のメディアの報道合戦に

よって関係を持った女性自らが「私も」と出てくる可能性がある。

乙武氏も今後の身の振り方次第では、加藤紗里と川本真琴との三角関係で

大炎上した、狩野英孝状態になってしまうかも」とも語ったんや。

乙武不倫-300x225[1]

5f05cc4ef309f1164d4c743cdc59a5e81[1]

 

不倫した理由

乙武洋匡さんは週刊新潮の取材に対して、不倫の理由について「長男が

誕生してから、妻が母親になり、夫婦らしさみたいなものが次第に

失われていった」などと話しているんや。

長男は8歳で、8年前頃から夫婦らしさが失わていったものとみられるんや。

が、実際に不倫に走った詳細な時期は不明なんや。

昨年末に海外旅行に行った20代後半の女性とは3年~4年前には関係が

始まっていたということなんやが、本人は5人の女性との関係を認めていて、

4年前よりもっと昔から不倫はあったという可能性もあるんや。

 

 

いや~。乙武さん不倫か~。潔く認めるのはええねんけど、5人とですか?

しかも氷山の一角っぽいし。

どんだけ女好きやねん!

世話してくれてる奥さん裏切ったらアカンやろ!

ウチのオカンも乙武さん会ったことあるって言ってたけど、「弁が立つから

な~」って言ってたで。

さわやかな弁舌が何よりですか?

まぁ寛大にも奥さん許してくれたみたいやし、今度は不倫したらアカンで。

ほなまたね。

‰³•—m‹§Ž

スポンサードリンク

down

コメントする




最近のコメント

    カテゴリー