元板前の徒然日記

いろんなことを独自の目線で紹介します。

メキシコで未知の生物発見か?UMA情報と画像も!

time 2016/03/13

メキシコで未知の生物発見か?UMA情報と画像も!

今日は「メキシコで発見された未知の生物」について紹介するで。

メキシコで観光客に人気の海岸で9日、正体不明の生物とみられるものが

見つかり、話題を呼んでいるんや。

ほなそろそろ見ていこか。

 s_ice_screenshot_20160313-020849[1]
まるで捨てられてカーペットのようにも見える物体。

呼吸をするためやろうか、無数の穴が開いているんや。

さらに、先端には目と鼻と口があるようにも見えるんや。

およそ4メートルあるこの物体は9日、メキシコ西部アカプルコの海岸に

打ち上げられていたんや。

 

発見された当時、悪臭はなくその後、急速に腐敗していったことから

メキシコ当局は生物と見ているんやが、どういった種類ものもかは、

分からないと話しているんや。

その不気味な外見から、インターネット上では「未知なる生物ではないのか」

と憶測が広がるなど、メキシコ内外で話題を呼んでいるんや。

 

ネットの声

「毎回この手のはワクワクするけど、残念ながら腐り落ちたマッコウクジラ

頭。オリジナルの映像で背中に回ると特徴的な頭骨のリッジが見える。

穴は多分サメのかじり跡。」

「ウバザメじゃなかろうか。」

「メキシコとか南米で謎の生物の死骸発見って良くあるよな」

など理論的な説明から、面白半分の意見など様々なんや。

 


他にもいろいろ未確認生物!

モンゴリアン・デス・ワーム

モンゴリアン・デス・ワームはゴビ砂漠周辺に生息すると言われている、巨大な

ミミズや芋虫のような未確認生物なんや。

モンゴリアン・デス・ワームの捕獲例はなく、撮影された映像も存在していなんや。

体長は約50で、成虫は15mにも達するんや。

体重は約9キロ体色は暗い赤色をしているんと言われているんやが、発光するデス・

ワ-ムの目撃談は存在するんや。

通常は地中に掘った穴の中に潜んでいるが、ゴビ砂漠に雨季が訪れる6月から7月に

かけて地上に現れ、出現時は周辺のクモやヘビは姿を消すと言われているんや。

d8b2775d[1]
アメリカニューヨーク州 マンハッタンモンスター

2012年7月25日、前の週末にニューヨークイーストリバーを散歩していた写真家

デニス・ギンリーがブルックリンの橋の下で発見した怪物なんや。

イーストリバーの怪物とも呼ばれ、ニューヨーカーを困惑させたんや。

1387123680[1]
ウサギのような未確認生物

ウサギと他の動物とのハイブリッドである可能性があるんや。

P9MeT[1]

 

いろいろ見てきたけど、いや~メキシコで未確認生物の死骸発見ですか?

あぁまだ分からないやろうけど。

ネット上の意見も様々で、えらい専門的な意見を言う人もおれば、半分投げてる

としか思われへんようなコメントもあって、楽しかったな。

何にせよ、はっきりわかったら教えてほしいな。

気になるやん!「UMA」って。

ほなまたね。

スポンサードリンク


down

コメントする




最近のコメント

    カテゴリー