元板前の徒然日記

いろんなことを独自の目線で紹介します。

ブルンジで手足を切断されたアルビノ少女の遺体!呪術の儀式?画像も!

time 2016/02/20

ブルンジで手足を切断されたアルビノ少女の遺体!呪術の儀式?画像も!

今日はブルンジで「アルビノの少女が手足を切断された遺体として見つかった件」

について紹介するで。

アフリカの内陸国ブルンジでアルビノ(先天性白皮症)の5歳の少女が何者かに拉致されて、

その後遺体となって発見されたんや。

その遺体は手足を切断されていて、呪術のためにされたと見られているんや。

犯人は腕を一本持ち帰っているそうなんや。

ほなそろそろ見ていこか。
201510120206_R[1]

 

アルビノとは?

動物学において、メラニンの生合成に係る遺伝情報の欠損により先天的にメラニンが

欠乏する遺伝子疾患がある個体のことを言うんや。

これにより体毛や皮膚は白く、劣性遺伝や突然変異で発現するらしいんや。

広くは動物全般にみられ、シロヘビやシロウサギが有名なんや。

ほとんどの場合、視覚的な障害を伴い、日光(紫外線)による皮膚の損傷皮膚がん

リスクが非常に高いんや。

それに加えてアフリカ南東部では、ヒトのアルビノには特別な力が宿るという迷信から、

臓器や体の一部などを売却するためにアルビノの人々をターゲットにした殺人が後を

絶たないんや。

a7d6b0fcdd3f86840d4f5902c36d610c[1]

 

事件の概要は?

AFPの取材に応じた地元当局者によれば、武装した男たちが17日午前1時ごろ少女の

自宅に押し入り、両親を襲って少女を連れ去ったというんや。

事件発生直後に少女の両親から知らせを受けた地元住民らが男らを追跡したところ、

手足を切断された少女の遺体が見つかったということなんや。

「男たちは少女の腕を一本持ち去っていた」と当局者は述べたんや。

誘拐事件として捜査が始まったが、少女の自宅から金品は何も盗まれておらず、

襲撃犯らの狙いが少女だったことは明らかなんや。

術のため?

アフリカの一部の国々では、遺伝子の変異による色素欠乏のため肌が白く髪が黄色い

アルビノの人々が殺害され、体の一部が呪術に使用される事件が後を絶たないんや。

ブルンジでは2008年以降20人以上が犠牲になっているんや。

アルビノの人体は隣国タンザニアで高値で取引され、赤十字社によれば、完全に揃った

骨格には7万5000ドル(約840万円)の値がつく地域もあるそうなんや。

警察の対応は?

2015年3月には、アルビノの殺害に対して一斉捜索が行われて、225人が逮捕されたと

いうんや。

また、タンザニアの裁判所ではアルビノの女性を殺害して両足と右手を斧と

切り落としたとして、被告4人に死刑を言い渡しているんや。

死刑判決を受けた被告の中には、殺害された女性の夫も含まれていたそうなんや。

uploaded[1]

 

いや~。酷いな。

そんなにしてまで金が欲しいかな。

5歳の少女の手足切り落とすて。もはや人間のすること違うな。

ただ、警察も黙ってみてるだけやないみたいやし。

とりあえずはこんなことも起こってるよ~ってことを俺らも知っておくべきなん

違うかな?

一日も早くアルビノの人々が安心して暮らせるようになりますように。

ほなまたね。

c81596d5[1]

スポンサードリンク

down

コメントする




最近のコメント

    カテゴリー