元板前の徒然日記

いろんなことを独自の目線で紹介します。

SMAP解散の真相!生放送で何を語るのか?画像も!

time 2016/01/18

SMAP解散の真相!生放送で何を語るのか?画像も!

今日はSMAPの解散報道について続報を紹介するで。

日本中に衝撃が走ったSMAP解散報道。一日経って少しづつ報道に至るまでの

舞台裏が分かってきたんや。

ほなそろそろ見ていこか。

20140724_917219[1]

 

女性マネージャーは解雇された?

みんな知っているように、今回のSMAP解散は、スポーツ紙やワイドショーでは

SMAPを育てた島三智マネージャーが独立することとなり、中居、草薙、香取、稲垣も

彼女についていく決心をする中、キムタクだけがジャニーズに義理立てをして残る

ことにしたため、と報道されているんや。

しかし「週刊新潮」によると、飯島は独立というより、ジャニーズ事務所副社長である

メリー喜多川氏に圧力をかけられて解雇されたのやというんや。

 

「『新潮』は、飯島さんサイドの証言を掲載しているんですが、そこで飯島さんがメリーさんから“辞めろ”とパワハラを受け、退職に追い込まれたと、はっきり書いています」

 

SMAPを育てた飯島三智マネージャーとTOKIO、嵐などを手掛けるメリー喜多川副社長の

娘、藤島ジュリー景子氏との対立が原因やったんや。

かなり前からタレントも両派真っ二つに割れ、ほとんど共演もないような状態が続いて

いたんや。

ただ、それでもある時期まではそのつの勢力は共存していたんや。

ところが、2年ほど前からメリー氏は娘可愛さで飯島氏とSMAPに激しい圧力を

かけ始めるんや。

 

これで、両社の亀裂は決定的となり、以降飯島氏は一切ジャニーズ本社に姿を

見せなくなったんや。

事態は双方が弁護士を立てて押収するという異常な状況に発展していくんや。

その結果、契約の切れる9月に飯島氏がSMAPを連れて独立すということで話が

まとまったのだというんや。

スマップ15[1]

 

キムタクまさかの裏切り

しかし、ここで異変が起きるんや。

飯島は、SMAP全員が自分についてきてくれるものと信じていたんやが12月になって、

キムタクがジャニーズ事務所側の弁護士に「自分は決してジャニーさんやメリーさんを

裏切りません」と伝えてきたというんや。

つまり、今回の騒動は、ジャニーズ事務所の女帝が娘可愛さに、最大の功労者と国民的

アイドルグループを追い出した、という非常にに理不尽な話なんや。

そして、彼女に育てられたメンバーたちがその恩に報いて行動を共にしようとする中、

一番人気のメンバーだけがただ一人権力になびいたというわけなんや。

つまり、裏切ったのはキムタクの方だったというわけなんや。

ところが、ワイドショーなどでは全く逆の報道のされ方をしているんや。

ほとんどの番組がこうした背景や確執、パワハラには一切触れず、女性マネージャーが

独立することで、SMAPが分裂してしまうのが残念、4人が意見を翻したらSMAP

存続できるのに、とまるで飯島、SMAPの4人がわがままでそれが原因であるかのような

トーンで解説しているんや。

dacvac[1]

 

かけられる圧力

スポーツ紙やワイドショーは完全にジャニーズ寄り。

ジャニーズに逆らった飯島とSMAPの4人が仕事を干されないか心配になったんやが

その兆候が早くも出始めてるというんや。

「週刊新潮」によると、昨年末の紅白歌合戦でも、今後を予言するかのような出来事が

あったらしいんや。

当初、NHKと飯島氏の間でSMAPを取りにするという話が進んでいたんやが、メリー氏が

圧力をかけ、「SMAPをトリにするなら、ジャニーズのタレントを全員引きあげる」と

言い、近藤真彦をトリに押し込んだのだというんや。

実際、キムタクの裏切りやこうした圧力で、飯島やSMAPの4人もかなり弱気になっている

という情報もあるんや。

「新潮」や「スポニチ」も少し触れていたんやが、飯島氏が4人に対して、茨の道になる

からジャニーズにとどまるように諭して中居らメンバーも迷い始めたというんや。

 

いや~こんな真相があったとは・・・。

権力に逆らってジャニーズを去る決断をした4人はカッコいいな

逆にキムタクは幻滅やわ。

活動の場を選ばない5人だけにこれからの活動も頑張ってほしいな。

たとえ、解散したとしても、芸能界を引退するわけではないんやから。

今日これから「SAMP×SMAP」で生放送で5人からメッセージがあるみたいやねんけど、

どうなるんやろか?

とにかく存続。そして平和的な解決へ。

頑張ってや。

ほなまたね。

SMAP8-e1425806016624[1]


down

コメントする




最近のコメント

    カテゴリー