元板前の徒然日記

いろんなことを独自の目線で紹介します。

コロンビア財宝船をめぐりスペインとの外交戦争?その価値20億ドル!

time 2015/12/14

コロンビア財宝船をめぐりスペインとの外交戦争?その価値20億ドル!

今日は南米コロンビアで発見された「財宝船をめぐる所有権争い」

について紹介するで。

財宝船の名を「サンホセ号」といい、このブログでも取り上げたんやけど、

発見されたコロンビアと植民地にしていたスペインとで所有権争いが起きてるみたいなんや。

ほなそろそろ見ていこか。

 

サンホセ号とは?

スペイン継承戦争のさなか、1708年6月、船を奪おうとする英艦隊との戦闘の末、

サンホセ号はコロンビアのカリブ沖にあるロサリオ諸島近くの海に沈んだらしいんや。

003[1]

サンホセ号はアメリカ大陸の植民地から財宝をスペイン王フェリペ5世のために運ぶ船団の

主船やったんや。金や銀はペルーやボリビアのスペインが植民地支配した鉱山から

発掘されたとされているんや。

 

所有権は?

ファン・マヌエル・サントス大統領は今月初め、専門家らが今まで捜索されていなった

場所でサンホセ号を11月27日に見つけたと発表したんや。

その後、推定価値20億ドル(約2400億円)
ともされる財宝の所有権に注目が

集まっていたんや。

ph_thumb[1]

早い者勝ち?

対立の元になっているのは、財宝船「サンホセ号」。カリブ海の旧港都市カルタヘナ沖で

最近、コロンビアがその沈没地点を特定していたんや。

スペインのホセ・マヌエル・ガルシアマルガリョ外相は12日、コロンビアのマリア・

アンへラ・オルギン外相と会見して、見つかった財宝の法的所有権について見解の

相違があると述べたんや。

 

スペインは、国連の海洋法を主張の根拠の一部としているんやが、コロンビアはこの条約に

署名していないため、その規約に縛られることはないんや。

20151214-00000022-jij_afp-000-view[1]

対立は?

スペインのホセ外相は、両国間の良好な関係を挙げながら「「理解への工程表」が形成される

ことを願っている」と言ったのに対して、コロンビアの外相も「この問題で両国の間に亀裂が

生じるようなことはない」と強調したんや。

ただ、法的な所有権をめぐる意見の相違があることは認めたんや。

 

発見された財宝の価値は、少なくとも20億ドルとされているんやが、アメリカを拠点とする

シー・サーチ・アマルダ社によると、銀の価格下落により、その価値は相当下がっている

というんや。

 

醜いな~。もともとコロンビアの鉱山でとれたものをスペインに送る途中で沈んだん

やったら、コロンビアのものでええん違うの?

まぁスペインにしても自分とこの船やねんから引きさがれへんのわかるけどさ。

どっちのものになるとしても後味悪いことになりそうやな。

両国間の関係に亀裂が入らんかったらええねんけどな。

ほなまたね。

002[1]


down

コメントする




最近のコメント

    カテゴリー